スタッフブログ

2015年 06月 15日

ダイレクトボンディング修復のポテンシャル

皆様いかがお過ごし、で始まるおなじみ衛生士の大友でございます。最近読んだ雑誌で勉強になったのは『創意とくふう』(日本HR協会/版)でございます。(よっ!マニアック!)

さて今回は。。

皆様も経験がございましょう前歯の虫歯。削った所を補うのに使用するのは、まさかHIPHOPのラッパーじゃあるまいし、(ただし私は前歯ギンギンのDJ .Lil Jonの大ファンではあります)そのギンギンのメタルというわけにはいきませんので、歯と同じ色の白い材料、つまりコンポジットレジン(以下CR。簡単に言うといわゆるプラスチック)というものを充填します。CRにも保険適用のものと、自費のものがあるのです。

自費のものはフィラーが多く劣化が保険のものとは違い比較的長持ちすると言われています。(ま、所詮レジンはレジンなので、セラミックには劣りますけどね)

当院でいくつか扱っている自費のCRのうちの一部がコレです。↓↓↓

IMG_9581

歯の内部構造は透明感が無くマットで、表層部は透明感があります。そういった質感まで再現できる材料です。色調も20種類ほど用意してございます。

では症例をいくつか紹介いたしましょう。

真ん中の前歯のすぐ隣の歯が少し引っ込んでいるこの方。非常に美人で歯に対する意識も高い中、今まで写真などに写るとこの前歯がスキッ歯に見えて気になっていたとの事。矯正は今更だし、セラミック治療もナンだし。ということで、自費CRを施術いたしました。

0000001851__OtherImage_20150227161604

↑↑ビフォーです。まあたしかに。言われてみれば。

 

0000001851__OtherImage_20150521121337

アフターです。

どうでしょう、このくらいならきっと写真に写っても影になることなく問題は解決、となるでしょう。実際ご本人も満足されている模様です。。われわれもとても嬉しいです!

 

もひとつ症例を。

素敵で可愛い主婦のこの方は物心ついてこのかたずっと前歯がかなり開いておりました。噛み合わせに大きな問題はありませんし下の前歯なども開き気味で、ある意味『個性』という部類です。

0000001569__OtherImage_20140731175408

 

 

いや、にしても、できることなら。ということで、まずはてがるな自費CRでやってみましょうかと。

IMG_9889

どうでしょう。真ん中をピッタリくっつけなかったのがこの症例の見所です。下の歯のスキ具合とうまいこと合わせているのです。この方のご家族やご友人はこの方の前歯の特徴を覚えていらっしゃるわけですから、いきなりピッタリくっついたら違和感がありますし、美しい前歯の形の黄金比(1:1.618)を超えてしまうかもしれません。ご本人との十分なコンサルのうえ、あえてすこーし隙間を作りました。

 

このような感じで、ちょっと気になる所プロフェッショナル目線でちょっと治す。心がないとできません。

費用は1歯あたり¥32,400円です。セラミックかぶせる決断の前にひとまずやってみる価値はありましょう。

似たような症例でお悩みの方はいちど当院にご相談くださいまし。。。

 


タグ:

ページの先頭へ戻る