スタッフブログ

2016年 08月 02日

今さらながらダイレクトボンディング

さて、衛生士の大友です、はいお久しぶりです。

前回に続きまして、前歯の気になるところを安価に簡易的に解決いたしました症例をご紹介いたします。

IMG_3138

写真の真ん中、右上の側切歯が今回のテーマでございまして、そのとなりの犬歯は一周ぐるりと削らなければならないため、治療法としてまるまる被せるセラミックを選択したのですが、側切歯は表面だけの問題だったため、ダイレクトボンディング(保険適用の樹脂よりも、セラミック含有量の多い自費の樹脂)でおおうことに。。

IMG_3139

犬歯にはオールセラミック、側切歯にはダイレクトボンディングが収まった様子です。(写真は少々、向かって左側にずれております)

オールセラミックと見劣りしない出来ですね。先端の透明感なども再現できるのが特徴です。

患者様も安価に簡易的に修復できて大変喜ばれております。

オールセラミックとは違い、劣化はかならずや訪れますが、選択肢としては十分ご提案できるメニューだとは存じます。

価格は1歯あたり、大きさにより¥21,600〜¥32,400となっております。奥歯への対応もございます。型取りの必要はなく、ワンデートリートメントであることも魅力のひとつといえましょう。

気になる方はぜひ一度ご相談を。カウンセリングの上でないと施術のお約束はできませんのでね。。。

 


タグ:

ページの先頭へ戻る