インプラント症例

インプラント症例 ブリッジだと痛くて噛めない。

《年齢・性別》

50代・男性

《来院動機》

他院で入れたブリッジの箇所が痛くて噛めない。

《初診時のレントゲン写真》

左下の奥から2番目が欠損しており、ブリッジが入っています。

《治療方針》

もともと3本の歯で負担するべき噛む力を、欠損部の両隣2本の歯で受けることになるブリッジは、噛む力が強い方の場合には無理があります。そのためブリッジを外して、欠損部をインプラントで補うことになりました。

《初診時の口腔内写真》

左側の奥歯3本がブリッジで繋がっています。

 

《治療後のレントゲン写真》

欠損部にインプラントが入りました。

《治療後の口腔内写真》

奥歯3本がブリッジのように繋がっておらず独立したため、フロスを使うこともでき清掃性にも優れています。

《患者様の声》

今までは左側で噛むと痛かったので、右ばかり使っていました。インプラントにしてからは、左右どちらでも噛めるのでストレスが無くなりました。

《Dr.より》

奥歯には、食事の際に自分の体重以上の力がかかると言われています。欠損部にインプラントを用いることで、前後の歯も負荷が減り長持ちすることが期待できます。

 


タグ:

  • インプラント症例
  • 審美歯科症例
  • 矯正歯科症例
  • ホワイト二ング症例
  • その他症例

インプラント症例

審美歯科症例

矯正歯科症例

ホワイト二ング症例

その他症例

ページの先頭へ戻る