インプラント症例

インプラント症例 入れ歯だと痛くて噛めない。

《年齢・性別》
60代・男性

《来院動機》
右下の入れ歯が痛いので、柔らかいものしか食べれない。
左上のブリッジの部分も、固いものを食べると痛い。

《初診時のレントゲン写真》

右下の3本の歯が失われており、左上も2本の歯が失われています。

《治療方針》
まず右下の入れ歯が入っていた部分に3本のインプラントを埋入して噛み合わせを回復し、それから左上にも2本インプラントを埋入する計画を立てました。

《初診時の口腔内写真》

左上に金属のブリッジが入っています。


右下は粘膜しかない状態です。

 

《治療後のレントゲン写真》

合計5本のインプラントが埋め込まれました。

《治療後の口腔内写真》

左上ブリッジの真ん中がインプラントに置き換わりました。


右下の粘膜だった部分に3本のセラミック歯が入りました。

《患者様の声》
入れ歯とは全然違って、何でも噛めます。もっと早くにインプラント治療を受ければよかったと後悔するくらいです。

《Dr.より》
粘膜で力を受け止める入れ歯はやはり無理があります。
骨と結合するインプラントですと、噛めない食べ物はありません。


タグ:

  • インプラント症例
  • 審美歯科症例
  • 矯正歯科症例
  • ホワイト二ング症例
  • その他症例

インプラント症例

審美歯科症例

矯正歯科症例

ホワイト二ング症例

その他症例

ページの先頭へ戻る