審美歯科症例

審美歯科症例 左と右で色が違う。

《年齢・性別》
30代・女性

《来院動機》
上の前歯の色が違う。

《初診時の口腔内写真》

上の前歯の色がマダラになってしまっています。

《治療方針》
セラミックを被せることも検討しましたが、全て神経のある歯でしたのでダイレクトボンディング(保険外の樹脂)で色調を合わせることにしました。

 

《治療後の口腔内写真》

上の前歯4本の古い樹脂を外して、表面全体に新しい樹脂を盛り足しました。

《治療後の患者様の声》
1回の治療で気になっていた変色が改善されたので、嬉しいです。

《Dr.より》
ダイレクトボンディングは神経の残っている歯の場合は、選択する価値がある治療法です。セラミックに比べて永続性には劣りますが、歯の削除量を最小限に留めることが出来ます。

 


タグ:

  • インプラント症例
  • 審美歯科症例
  • 矯正歯科症例
  • ホワイト二ング症例
  • その他症例

インプラント症例

審美歯科症例

矯正歯科症例

ホワイト二ング症例

その他症例

ページの先頭へ戻る