切らない縫わないフラップレスインプラント

当院では、メスを使って切ることがなく縫う必要もないインプラント治療「フラップレスインプラント」を行っています。

切らない縫わないインプラント手術「フラップレスインプラント」とは

「フラップレスインプラント」は、3Dデータ上においてコンピュターシミュレーションを行う事で、理想的な位置にインプラントを埋め込む事ができる手術です。
従来のインプラント治療で行なっている、「切って開く」「術後の縫合」がフラップレスインプラントでは不要になります。

フラップレスインプラントのメリット

フラップレスインプラントは従来のインプラント手術とは異なり、歯茎を切ったり・歯茎を開いたり・歯茎を縫ったりしません。
その結果、痛み・出血・腫れを最小限にできます。
また、処置内容が少ないので、手術時間も短くて済みます。

フラップレスインプラントのデメリット

前もってのCT撮影により綿密なCTシミュレーションが必要とされるため、別途費用が発生する可能性があります。
CTシミュレーションと実際の口腔内の状態にズレが生じていることも稀にあります。
そのような場合は、通常の処置方法に切り替えます。
また、深さと角度のコントロールが非常に難しいため、高度な技術と豊富な経験が求められます。

フラップレスインプラントの適応

切らない縫わないインプラント治療(フラップレスインプラント)を行うには、十分な骨と歯茎(歯肉)があることが条件となります。

残念ながら、日本人はもともと顎骨量が少ない上に歯茎も薄い方が大半です。
加えて、かなり歯周病が進行してから、抜歯を決意される方が多い現状もあり、骨と歯茎(歯肉)両方のボリュームがないケースが大半です。
欧米のように、骨がある程度あるうちに抜歯を決意して頂ければ、日本でもフラップレスインプラントが主流になっていくと思われます。

フラップレスインプラントの成功ポイント

切らない縫わないインプラント治療(フラップレスインプラント)を成功させるためのポイントは、

  • サージカルガイド(ステント)を過信しないこと
  • オペ途中でCT撮影を行うこと

この2点となります。
サージガルガイド(ステント)と呼ばれる、CTシミュレーションを原型としたインプラントの埋入位置をオペに反映するためのテンプレート(歯型)があります。
サージカルガイド(ステント)を使用さえすれば、安心安全だと勘違いされがちですが、2ミリほどのズレが生じていることもあります。
当院では、オペスタート直後に直径2ミリのバーで6ミリほど歯茎と骨を削ってから、チタン製の細い棒を入れた状態でCT撮影を行います。
最初のシミュレーションでの想定ポジションとズレがないことをCT写真で確認してから、深い位置まで骨を削っていきます。

フラップレスインプラントに必要な費用

サージカルガイド(ステント)を使用しない場合は、追加費用は頂いていません。通常のインプラント治療の費用で可能です。

インプラント治療の価格例

サージカルガイド(ステント)を使用する場合は、80,000円の追加費用がかかります。
手術前の検査時にお気軽にご相談ください。

治療例 1

左下の奥歯を失った患者様の初診時口腔内写真です。
十分な骨量と歯茎があるケースでしたので、「切らない縫わないインプラント治療」を行うことになりました。
直径4ミリ弱の小さい穴を空けます。
直径2ミリのバーで6ミリほど掘ってから、金属の棒を入れてCT撮影を行いました。
神経・血管との距離が取れていること、方向性にズレがないことを確認します。
この後は、想定した最終的な太さと長さのバーまで骨を削っていきます。
直径4.5ミリ長さ8ミリのインプラントを埋め込みました。
理想的な位置にインプラントが埋め込まれていることが、分かって頂けると思います。
インプラントの上に、仮歯用の土台を装着しました。
即日で仮歯を入れて、オペ直後からご飯を左側でも食べれるようにしました。
オペ日から3ヶ月後にセラミック歯が入り治療終了となります。
24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る