骨が薄い方の治療法

骨が薄く他院でインプラント治療を断られた方は、ぜひ当院にご相談下さい。
下記のような方法で、インプラント治療が可能となる場合もたくさんあります。

GBR法

GBR法

歯を失ってから時間が経過していたり、骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまいます。
そんな時、GBR法では、歯槽骨が不足している部分に粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜で覆います。
およそ6か月(個人差あり)で歯槽骨が再生されインプラント手術後も安定できる基礎ができます。

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。歯槽骨の厚みが無い場合、インプラントは上顎洞に突き出てしまいます。そこで、ソケットリフトは、歯根の奥の骨が十分にない場合に行う手術になります。

ソケットリフトは上顎洞のインプラントを埋め込む穴の奥に、将来的に骨に変化する補填材を入れ、少しずつシュナイダー膜を押し上げてから、インプラントを埋め込みます。

ある面盲目的に行う外科手技で、うまくいったかどうか(メンブレンが破れたりしていないか、骨補填材等が上顎洞内にもれていないか等)実際に目で確認することができないので経験と技術の要する大変難しい治療方法です。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。

上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞(サイナス)という大きな空洞が下方に拡大していきます。そのままではインプラントが上顎洞(サイナス)に突き出てしまいますので、サイナスリフトという手術があります。

上顎洞粘膜(シュナイダー膜:誰にでもある)を洞底部から剥離して挙上し、その挙上によってできた空隙に自家骨(自分の骨)や骨補填剤を移植してインプラントを埋入するのに必要な歯槽骨の高さ(厚み)を確保します。
歯槽骨が安定するまで約6ヶ月ほど治癒期間を置き、その後、経過を診てインプラントを埋入します。

スプリッットクレスト

スプリッットクレスト

上骨が痩せてしまっており幅が狭い場合に行います。骨質が柔らかい上顎で使用することが多いテクニックです。薄い骨を分割して2つに広げてから、インプラントを埋め込みます。インプラント本体が患者様自身の骨に囲まれるので、成功率が高い方法です。

ショートインプラント

ショートインプラント

文字通り短いインプラントを用います。副鼻腔炎の既往があり上顎洞への骨造成が出来ない場合や下顎菅までの距離が近い場合などは、ショートインプラントを積極的に選択しています。外科的にシンプルな方法なので、通常のインプラントオペと同じく身体への負担がとても少ないです。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る