インプラントオーバーデンチャー

最小限のインプラント埋入本数で、入れ歯がガッチリ安定します。

インプラントオーバーデンチャーとは?

インプラントと入れ歯のコンビネーション治療です。全ての歯を失ってしまった方に有効な治療法です。
普通の入れ歯であれば、入れ歯を歯茎だけで支える必要があるので、ご飯を食べる度に入れ歯がずれてしまいます。
入れ歯をインプラントで固定することにより、しっかり噛むことが可能となるのが、インプラントオーバーデンチャーです。

インプラントオーバーデンチャーのイラスト

顎骨に埋め込まれたインプラントの上に、ロケーターと呼ばれる連結用のパーツを装着し、インプラントに完全にフィットする総入れ歯を作製します。
総入れ歯とインプラントが、カチッと嵌まり込んで固定されるので、硬いものでも食べることができます。

インプラントオーバーデンチャーのメリット・デメリット

メリット

  • 上顎なら4本、下顎なら2本のインプラント埋入本数で済む。
  • インプラント埋入本数が少ないので、治療費用が安く済む。
  • インプラント埋入本数が少ないので、外科手術がシンプルで、身体の負担が少ない。
  • 自由に取り外しができるので、インプラントの清掃が容易に行える。

デメリット

  • 入れ歯なので、毎日の取り外しが必要。
  • 入れ歯なので、違和感はある。
  • 入れ歯なので、発音しにくい。

当院では、こんなお悩みの方に提案しています。

  • 現在、総入れ歯の方。
  • 入れ歯で、しっかり噛めない方。
  • 入れ歯が、外れやすい方
  • 入れ歯で、噛むと痛い方。
  • インプラントの毎日のお手入れが、心配な方。
  • インプラントの治療費用を抑えたい方。

治療例 1

下顎に2本のインプラントを埋入後のレントゲン写真

インプラントにロケーターを連結した後の口腔内写真

インプラントと総入れ歯が固定された後の口腔内写真

治療例 2

下顎に2本のインプラントを埋入後のレントゲン写真

インプラントにロケーターを連結した後の口腔内写真

インプラントと総入れ歯が固定された後の口腔内写真

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る