インプラントが怖い方へ

眠っている間にインプラント治療が終わる、リラックス麻酔をお勧めします。

静脈内鎮静法(リラックス麻酔)とは?

  • 点滴から麻酔薬を入れ、歯科治療時の恐怖感や治療器具の吐き気などを防止する方法です。
  • 血圧や脈拍、血液中の酸素濃度を測定し、全身の状態を管理し、安全な手術を行います。
  • 深く眠っているような状態が維持され、治療中の記憶はほとんどありません。
  • 注射による部分麻酔は、鎮静中に行うため、針のチクっとした痛みもありません。
  • この方法は全身麻酔ではありません。

当院での静脈内鎮静法(リラックス麻酔)

インプラントの埋入手術前に、血圧や呼吸数を管理しながら、点滴から静脈へ少しずつ薬を入れていきます。数分経過して薬が効いてくると眠くなります。

全身麻酔と違って生命に関わる部分の意識はあると言われていますが、歯科治療においては十分すぎるくらいの麻酔作用で、まったく処置中のことは憶えていません。

イメージとしては、『疲れ切って爆睡していて、誰かに呼ばれても揺らされてもなかなか目覚めないくらいの深い眠り』と言えます。静脈に麻酔薬が入ってから処置が終わるまでその間の出来事はまったく憶えていなくて、体験された患者様には本当に楽だったと喜んで頂いています。

インプラントへの不安・恐怖心が強く、処置を受けることをためらわれているのなら、ぜひご相談下さい。手術時間が1時間を超えるような場合にはとくに効果大だと思います。

意識レベルを人為的に下げるので、麻酔科や救急救命でトレーニングを積んだ先生にお願いする必要があります。当院では、東京大学病院口腔外科の麻酔科チームと提携することにより、クリニックの開いている時間ならば、いつでも静脈内鎮静法(リラックス麻酔)をご希望頂けます。

静脈内鎮静法(リラックス麻酔)の注意事項

  • 喘息や糖尿病、高血圧、内臓疾患などの持病のある方、あるいは以前あった方、現在薬を服用されている方は必ず事前に担当医におっしゃってください。
  • 食品や薬にアレルギーのある方は必ず事前に担当医におっしゃってください。
  • 当日は軽めの食事を3時間以上前までに済ませておいてください。飲み物も控えめにしてください。なお、血糖値をコントロールされている方はご相談ください。
  • 手の指で血液中の酸素濃度を測定するため、マニキュアやネイルアートは落としてきてください。
  • 治療後の自動車・バイク・自転車の運転は非常に危険です。絶対に運転しないでください。
  • 治療後に重要な決定を必要とする会議などへの参加は避けてください。

静脈内鎮静法(リラックス麻酔)の風景

麻酔薬を入れる様子

麻酔科医の先生が、静脈に麻酔薬を入れているところです。

生体モニター

生体モニターで全身状態を把握することで、より安全なインプラント治療が可能となります。

インプラントオペ中の様子

インプラントオペ中です。不快な音や振動を全く感じることもなく、快適に処置を受けることができます。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る