ショートインプラント

患者様のもともとの骨をいかすことで、シンプルで安全なインプラント治療を提供します。

ショートインプラントとは?

長さ6ミリ〜8ミリの短いインプラントが、ショートインプラントです。インプラントメーカーの技術革新により、奥歯では長さ6ミリのショートインプラントでも、高い成功率が期待できるようになりました。

ショートインプラント

副鼻腔炎の既往があり上顎洞への骨造成が出来ない場合や、下顎菅までの距離が近い場合では、ショートインプラントを積極的に選択しています。外科的にシンプルな方法なので、患者様への身体への負担がとても少ないです。

ショートインプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 上顎洞を触らないので、副鼻腔炎になるリスクがない。
  • 下顎管に近いケースに使用すると、神経麻痺が起きるリスクがない。
  • 大がかりに骨を造る必要がないので、痛みと腫れを最小限にできる。

デメリット

  • 短くて太いインプラントなので、前歯には使用できない。
  • まだ長期的なデーターが出揃っていない。
  • 短いので、インプラントの本数が増える傾向となる。

ショートインプラントの適応

  • 審美性が求められない奥歯
  • 垂直的な骨量がなく、水平的な骨量がある場合。
  • 副鼻腔炎になったことがある方。
  • 大規模な骨を作る手術を避けたい方。
  • サイナスリフトを避けたい方。

ショートインプラントの医学的根拠

直径4ミリ長さ10ミリの通常のインプラントの表面積は152ミリ平方メートル。
直径5ミリ長さ7ミリのショートインプラントの表面積は167ミリ平方メートル。

よって骨と接触する面積は、ショートインプラントの方が大きい。

2016年に発表された医学論文によると、

Short(6-mm)dental implants versus sinus floor elevation and placement of longer (≧10mm) dental implants: a randomized controlled with a 3-year follow-up.Bechara S,et al. Clin Oral Implants Res.2016

長さ6ミリのショートインプラントは、骨造成し長さ10ミリ以上のインプラントを使用した場合と同様の結果であった。

治療例

ショートインプラントを希望された患者様のCT写真他院で大規模な骨造成(サイナスリフト)を提案されて、当院でショートインプラントを希望された患者様のCT写真

ショートインプラント(長さ7ミリ)を埋入した後のCT写真サイナスリフトを避けて、ショートインプラント(長さ7ミリ)を埋入した後のCT写真

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る