骨がない方へのインプラント治療《サイナスリフト》

骨がないために他院でインプラント治療を断られた方は、ぜひ当院にご相談下さい。
下記のような方法で、インプラント治療が可能となる場合もたくさんあります。

サイナスリフト

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。

上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞(サイナス)という大きな空洞が下方に拡大していきます。そのままではインプラントが上顎洞(サイナス)に突き出てしまいますので、サイナスリフトという手術があります。

上顎洞底粘膜を洞底部から剥離して挙上し、その挙上によってできた空間に人工骨を移植してインプラントを埋入するのに必要な歯槽骨の高さ(厚み)を確保します。 歯槽骨が安定するまで約6ヶ月ほど治癒期間を置き、その後、経過を診てインプラントを埋入します。

治療例 1

初診時の口腔内写真。右上の欠損部にインプラント治療をご希望でした。
サイナスリフト前のCT写真。骨の厚みが1ミリもなくペラペラな状態です。
サイナスリフト後のCT写真。この状態で4ヶ月ほど待てば成熟した骨に置き換わります。
サイナスリフトを行なった部分にインプラントを埋め込んだ後のCT写真。
欠損部に2本のセラミック歯をセットして、治療終了となりました。

治療例 2

サイナスリフト前のCT写真。
骨の厚みは2〜3ミリほどしかありません。
歯茎を切開して、骨を少しだけ削り、上顎洞へ直径6ミリほどの穴を開けます。
従来のサイナスリフトから進化して、小さいオペ範囲で済みますので、処置後の痛みと腫れもほとんどありません。
上顎洞内部の粘膜を持ち上げてから、人工骨を入れます。
インプラントを埋め込んでいきます。
スマートペグを入れて、ISQ値を測定します。
ISQ値が良好だったので、ヒーリングアバットメントを入れてから、縫合を行いました。
今回は、骨を造る、インプラントを埋め込む、歯茎のお肉も増やす、という3つの処置を同時に行いました。
オペ終了後のCT写真です。
この状態で4ヶ月ほど待てば、本物のセラミック歯が入り、なんでも噛めるようになります。

治療例 3

サイナスリフト前のCT写真。
骨の厚みは2ミリ以下です。
インプラントの埋入ポジションのシミレーション画像。上顎洞内に完全にインプラントが突き抜けてしまいます。
サイナスリフトを行い、インプラントを埋め込んだ後のCT写真。インプラントが人工骨によって囲まれています。

サイナスリフトの治療費

250,000円(税抜き)〜300,000円(税抜き)

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る