骨が少ない方へのインプラント治療《ソケットリフト》

骨が少ないために他院でインプラント治療を断られた方は、ぜひ当院にご相談下さい。
下記のような方法で、インプラント治療が可能となる場合もたくさんあります。

ソケットリフト

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。歯槽骨が薄い場合、インプラントは上顎洞に突き出てしまいます。そこで、ソケットリフトは、歯根の奥の骨が十分にない場合に行う手術になります。

ソケットリフトは上顎洞のインプラントを埋め込む穴の奥に、将来的に骨に変化する補填材を入れ、少しずつ上顎洞底粘膜を押し上げてから、インプラントを埋め込むテクニックです。

手の繊細な感覚が頼りの外科手技のために、うまくいったかどうか(メンブレンが破れたりしていないか、骨補填材等が上顎洞内にもれていないか等)を目で確認することができないので、経験と技術の要する大変難しい治療方法です。

治療例 1

インプラント治療前のCT写真。骨の厚みが5ミリしかありません。
インプラントの埋入ポジションのシミレーション画像。上顎洞にインプラントが突き抜けていることが分かります。
直径5ミリ長さ8ミリのインプラントをソケットリフトを併用して埋入した後のCT写真。上顎洞内に人工骨を入れています。

治療例 2

インプラント治療前のCT写真。抜歯して同時のインプラント埋入予定ですが、既存骨は3ミリしかありません。
上顎洞底粘膜を持ち上げてから人工骨を入れた後のCT写真。
直径5ミリ長さ7ミリのインプラントを埋め込んだ後のCT写真。
24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る