電話予約
オンライン予約 初診限定
LINE公式アカウント
院長ブログ

院長 三浦 陽平

2014年 07月 26日

労災保険

稀ですが、労災保険を使っての治療を希望される患者様もいます。

昔は口腔顎顔面領域の外傷はすごく多かったのですが、シートベルトやエアバックが普及してからは大分減ったと言われています。今回は、自転車での出勤途中に転んでしまい顔面を強打してしまったケースです。顔や唇の傷は大したことがなく縫う必要もありませんでしたが、歯が折れてしまい神経までむき出しになっていました。

外傷時
外傷時

強い痛みも訴えていたので、神経を取る必要がありました。

根管治療前
根管治療前

レントゲンだとはっきり折れてしまっていることが確認できると思います。

根管治療後
根管治療後

神経の代わりになるお薬まで入れて、即日で根の治療は終了です。強打したためにグラグラもしていたので前後の歯と固定をし、3ヶ月ほど待ちました。外傷による脱臼・亜脱臼は骨折と同じく固定をすると、しっかりくっついてくれます。

労災保険は健康保険と異なり、セラミックも使用可能なので、一番良い素材で修復をおこないました。

セット前
セット前
セット後
セット後

外傷でも早めに来院さえして頂けると、折れていたりグラグラしていても抜かずに治すことが可能です。ひどい怪我で、歯が抜けてしまった場合でも、牛乳にいれてすぐ持ってきて貰えれば、その歯を戻して固定すればくっついてくれます。

この記事を書いた人

くげぬま海岸歯科クリニック 院長の三浦 陽平です。何歳になってもしっかり噛めるように、すてきな笑顔でいられるように、20年後・30年後を見据え、やり直しがない本当に良い治療を提供していきたいと思っています。

院長の投稿一覧