院長ブログ

2020年 01月 02日

2020年の目標

明けましておめでとうございます。新年もよろしくお願いいたします。

新年の目標を掲げる前に、昨年に設定した目標の達成率を振り返りたいと思います。

⑴最新の医療機器を導入することによる、より高度な歯科医療を患者様に提供。
⑵クリニックの改装を行い、より居心地の良い空間を患者様に提供。
⑶診療の効率化をはかり、予約を取りやすくする。
⑷治療中の不快感を軽減する。

⑴→「iTero エレメント」という口腔内スキャナーを昨年春に導入しました。
現時点では、マウスピース矯正とシンプルなセラミックとインプラントのケースに
おいては、従来の型取りではなく口腔内スキャナーによる型取りを行なっています。
ですので、100%の達成率となります。

⑵クリニックの改装を、昨年GWに行いました。
・トイレにお化粧治し用の洗面台を増設
・掲示板を大きくスタイリッシュなものに変更
・待合室に間接照明を導入
・奥の3台の診療台にブラウンのパネルを設置
以上の改装が完了できたので、100%の達成率となります。

⑶効率化のために、昨年中に自動の釣銭機を導入する予定でした。
ですが、予想よりも釣銭機が大きくて、受付に設置できずに断念。
なので0%の達成率となります。

⑷笑気吸入鎮静法と静脈内鎮静法を患者様に提案することを心がけました。
静脈内鎮静法はインプラント治療の際に希望される方が増えました。
笑気吸入鎮静法は、希望される方が少ない状態でした。
笑気吸入鎮静法は保険適応ですので、患者様にさらに周知徹底していきたいと思います。
ここは50%の達成率となります。

合計すると、63%の達成率となりました。まずまずでしょうかね。。。

 

2020年の目標としては、
①もう1台光学スキャナーを導入して、難症例においてもカメラによる型取りを行う。
カメラによる型取りは嘔吐反射を引き起こさないメリットがあります。
2台の光学スキャナーを使い分けることによって、さらに幅広い分野において患者様の
不快感を軽減できると思います。

②クリニックの改装をさらに行い、より洗練された空間にする。
新年は診療室を大幅にリニューアル予定です。
壁紙や床や照明などを交換して、よりリラックスできる空間を目指します。

③自動釣銭機を入れて、患者様の待ち時間を少なくする。
機械やAIを活用して、より業務の効率化をはかりたいと思います。
受付周りも、自動釣銭機に合わせて改装予定ですので、お会計でお待たせすることが
ないようにしたいと思います。

④小児歯科の充実
小児歯科専門医の先生を可能なら採用したいと思っています。
医療が細分化され高度な専門性が必要となる現在では、1人の人間が全てを診療するには
限界があります。
小児歯科は小児科と同じく、本来は専門医が担当することが望ましいと言えます。
優秀な先生の確保はかなり難しいのですが、頑張りたいと思います。

タグ:

ページの先頭へ戻る