院長ブログ

2021年 02月 16日

親知らずと神経が近いために、抜けないと言われた方へ

下顎の親知らずのすぐ真下に下顎神経が走っていることがあります。
そのようなケースだと、親知らずを抜歯する際に神経を傷つけてしまうこともあります。
大事な神経を損傷してしまうと、唇や下顎の感覚が無くなってしまったり、ピリピリヒリヒリするような異常感覚が生じてしまいます。

もちろん、全ての歯科医師はそのような後遺障害で患者様を苦しませることは本意でありませんから、常に細心の注意を払って親知らずを抜歯しています。
ですが、親知らずと下顎神経がべったり癒着しているような場合だと、どんなに気をつけようが神経麻痺が起きる時は起きてしまうのです。
神経から慎重に親知らずを剥がしたとしても、神経と空気は触れてしまいます。
この僅かな刺激でも、神経に変性が生じてしまうのが、その理由です。

当院では、親知らずと神経が近いケースにおいては、『二回法』を推奨しています。文字通り2回に分けて親知らずを抜歯するのです。

1回目は親知らずの頭(歯冠)のみを抜きます。
1年以上そのまま放置すると、残った歯根が移動して神経と離れます。
その段階で歯根を抜くと、神経を傷つけてしまうリスクはありません。
もし、歯根が全く移動しない場合は、そのまま歯根を残しておいて問題ありません。

親知らず抜歯『2回法』の治療例

初診時にCT写真です。
親知らずと神経が完全にくっついている状態です。
(下顎神経は紫にカラー表示しています。)
親知らずの頭(歯冠)だけ抜いてから、3年後のCT写真です。
親知らずの根(歯根)が右側に移動して、神経と離れていることが分かります。
(下顎神経は紫にカラー表示しています。)
全て抜歯した後のレントゲン写真です。
安全に親知らずを抜歯することができました。

もちろん、親知らず抜歯『2回法』にもデメリットはあります。
①回数と時間がかかる。
②費用が多くかかる。
③アメリカやヨーロッパでは認知されている手法だが、日本ではマイナーなテクニックである。

以上のデメリットはあるものの、『2回法』は自信をもってオススメできる安全な親知らず抜歯方法だと思います。

タグ:

ページの先頭へ戻る