電話予約
オンライン予約 初診限定
スタッフブログ

当院スタッフによるブログです。

2015年 10月 20日

お母さんのインプラント体験談①

こんにちは!

10月も半ばを過ぎていますが今年はなんだか暖かいように感じます。お出掛け日和ですね。

私は三連休を利用して箱根に行ってきました!

紅葉を見るにはまだ少し早かったのですが、山の景色を見たり、ゆっくり温泉に入ったり楽しい時間を過ごしてきました(o^^o)

さて、今日の本題は題名通り、私の母がインプラントをやりました!

もともと右上奥にブリッジが入っていたのですが、長年使っていたこともあり、一番奥の歯が破折してしまったため、破折した歯を抜歯し、そのひとつ手前にインプラントを入れました。

手術前の口腔内写真とレントゲンです。

右側の奥歯が二本ないためとても噛みづらい状態です。

こういった場合、治療の選択肢はインプラントか入れ歯のどちらかです。

入れ歯の場合、噛む力は天然歯と比べると3割ほどしか噛めないと言われています。

それに比べてインプラントは天然歯と同様に噛め、「第二の永久歯」のようなイメージです。

よく噛むことで脳も刺激され活発になります。

母の場合は、骨も十分にあったため手術時間はなんと20分!!

さすが三浦院長!素晴らしいオペです。

あっという間に終わり、最初は緊張気味だった母もホッとした様子でよかったです。

手術後の口腔内写真とレントゲンです。

右奥にインプラントが入ったのがわかりますね。

痛みも腫れも全くなく、とても順調です。先生に感謝です(*^_^*)

あとは骨とインプラント体の定着を数ヶ月間待ち、型取りをすると上部構造が入ります。

その時はまたブログを更新したいと思います。

この記事を書いた人

くげぬま海岸歯科クリニック スタッフのブログです。

スタッフの投稿一覧