小児歯科

こどもの歯科治療について

当院での小児歯科治療は、お子さんの治療に対する不安と恐怖をできるだけ少なくする為に、まず治療の練習から行います。

練習だけで何回か通って頂く場合もありますが、将来的に歯医者嫌いにならないことが何よりも大切だと考えております。

嫌がるお子さんに対して、無理やり押さえつけて治療を行えば、歯科医院が怖い場所になってしまいます。そうなると、なかなか定期検診に来れなくなってしまい、再度虫歯になってしまうことが予想されます。

また、乳歯に虫歯が見つかったとしても、いつかは永久歯に生え変わりますので、それまで進行しないように経過観察をしていくほうが良い場合もあります。

優しく柔らかい雰囲気づくりを心掛けていますので、時間・回数がかかってもいつかは治療を受け入れてくれるお子さんがほとんどです。

お子さんがニコニコ笑顔で通って頂けるようなクリニックを目指していますので、不安な点は遠慮なくご質問いただければと思います。

小児歯科の治療方針

1初診時では、いきなりの虫歯治療はしません。

大人でも、初診時は緊張されている方がほとんどで、本格的な治療は2回目からを希望されます。大人にも難しいことは、お子さんにも難しいです。
診察・検査をして、次回からの処置内容を本人と保護者の方にアニメーションを使って分かりやすく説明します。それから練習を兼ねた、クリーニングを行います。クリーニングを上手に受けることができない場合は、2回目も無理に治療することはせず、しばらくクリーニングで通って頂きます。

《痛みがある場合や怪我の場合はもちろん別です。》

2乳歯の虫歯治療には麻酔を極力使いません。

注射が好きなお子さんはいませんよね。もちろん大人で大好きな人も普通いないと思います。
虫歯が進行してしまった場合、完全に虫歯を除去するには局所麻酔はやはり必要です。でも麻酔注射は、お子さんを歯科医院嫌いにしてしまう最大の要因です。
乳歯は6歳から12歳の間に永久歯に生え変わります。それまでの間だけ、機能すればいいわけです。生え変わりの時期を考慮して、麻酔を使用しない範囲の虫歯治療を行うように心がけています。

《痛くて神経を取らなくちゃいけない場合や、後継の永久歯に悪影響が及ぶような場合は別です。》

3年齢と発達度に応じた治療計画を立てます。

お子さんが嫌がることはなるべくしません。良い点としては、歯科医院に来ることが楽しくなってくれます。悪い点としては、再治療の可能性は高くなってしまいます。
麻酔をして抑えつけて無理にでも治療を行えば、その後のトラブルは起こりにくくなります。でも、いつかは生え変わる乳歯にそこまでする必要はないと考えています。今は上手に治療を受けれなくても、半年後や1年後になると見違えるように治療をさせてくれることも多々あります。
乳歯を治療することではなく、スムーズに永久歯への交換を促すことが、小児歯科治療のゴールだと考えております。

4永久歯の虫歯治療は、がっちりやります。

永久歯は適切な治療を施さないと、将来的に抜歯になってしまいます。
6歳臼歯は特に大事で、絶対に一生残って欲しい歯です。6歳臼歯が虫歯になってしまうのは8歳くらいですから、麻酔をしての治療の必要性も理解できるはずです。
抑えつけたりはしませんが、たまに厳しい対応をすることもあるので、ご理解下さい。

5虫歯予防のために、フッ素使用法と甘いものの弊害についてご説明します。

乳歯と生えたての永久歯はとっても虫歯になりやすいんです。
虫歯菌の栄養源はショ糖=砂糖。砂糖を摂取しなければ、虫歯菌は活動できませんよね。
誤解を恐れずに言えば、虫歯になりやすい時期に甘いものを食べないだけで、お子さんの将来の歯のトラブルの80%は防げます!全然歯磨きしないし、甘いものも普通に食べているのに、歯医者さんのお世話になったことがないっていう人が周りにいませんか???そういう方は、意図してかたまたまかは別にして、子供時代に甘いお菓子やジュースを口にしていない場合が多いんです。
甘いお菓子の代わりに果物を、甘いジュースの代わりとしてお茶を、お子さんに与えて欲しいと思います。

治療の流れ

1まず、歯医者さんに慣れていただきます。

嫌がらずに治療台に1人で座れるかどうかが最初のステップです。 難しい場合は、お母さんやお父さんと一緒でも構いません。
テレビでアンパンマンなどのアニメを流したり担当スタッフとお話をしたりして、怖い場所ではないことを分かってもらいます。

2練習

遠心分離機

いきなり始めるのではなく、これから何をやるのかをしっかりと説明してから行うことがポイントです。

手にライトをあてたり風をかけたり水をかけたりして慣れてもらってから、お口の中に色々な器具を入れて練習します。上手に出来たら、お母さんお父さんからもたくさん褒めてあげて下さい。おままごとみたいに一緒に遊ぶことにより信頼関係を築いていきます。

3口腔内の清掃指導

歯科衛生士による歯磨き指導と回転ブラシによるクリーニングを受けてもらいます。

イチゴ味やメロン味など色々な味のペーストがあるので、お子さんに好きな味を選んでもらってから行います。

4シーラント(予防充填)

虫歯になりやすい奥歯の溝へのコーティング処置になります。歯を削る必要がないので、虫歯治療の練習も兼ねて行います。
予防処置ですが健康保険適応ですので、全てのお子さんに受けて頂いています。

5虫歯治療

麻酔を使う必要がなく小さい虫歯から治療スタートです。大きい虫歯は応急処置のみしておき、最後に行います。

6フッ素塗布

歯ブラシでフッ素を塗りこむ場合は無料です。より予防効果を高めたいとお考えの方や、大きい虫歯があったお子さんには再発防止のために、トレー法によるフッ素(2,000円+消費税)を推奨しています。

フッ素を取り込む為の効果的な方法

71~3ヵ月おきの定期検診

虫歯がなかったお子さんの場合は3ヶ月おきの、小さい虫歯があったお子さんの場合は2ヶ月おきの、大きい虫歯があったお子さんの場合は1ヶ月おきの検診をオススメしています。

甘い物の食べ過ぎが虫歯の一番の原因ですので、必要に応じて食生活の指導も行わせて頂いています。小さい頃に正しい食習慣を身につけることができれば、成人してからも虫歯で悩まされることが無くなります。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る