定期検診

定期検診の必要性

痛くなる前に歯科医院を受診することで、小さい虫歯や軽度歯周病を発見することができます。
また、定期的なクリーニングや歯磨き指導を受けて頂くことで、虫歯や歯周病になってしまうことを予防できます。

定期検診を受けないでいるデメリット

歯がすごく痛くなってしまってから歯科医院に来院しても、できることは限られています。
痛い歯の神経を取るか、痛い歯を抜くか、の2つしか提案できないことがほとんどです。
神経を取ってから15年以上経過した歯は、割れてしまい抜歯になってしまうリスクが高まります。
歯を抜いた後は、インプラント治療が必要となり、高額な治療費が発生します。
インプラント治療は入れ歯と比較すると素晴らしい治療法ですが、ご自分本来の天然歯にはまだ及びません。

定期検診による経済的メリット

定期検診を半年に1回受けて、費用が1回あたり5,000円と仮定します。
1年間で歯科医院に払うコストは10,000円。
30年間で300,000円しか診療費はかからず、食べることに苦労もありません。
定期検診を受けることなく、痛い場合だけ歯科医院を受診する習慣を30年間続けた場合、運が悪ければご自分の歯が残り少なくなっているかも知れません。
1本の歯をインプラント治療で再建するコストは約400,000円以上です。
定期検診を受けることは、一生涯の節約にもつながります。

定期検診の理想的な間隔

内科の血液検査と同じく、1年に1回は歯科定期検診を受けて頂くことを推奨いたします。
定期検診を受けて頂き、早期発見→早期治療もしくは早期発見→定期的な経過観察であれば、年齢を重ねていっても、ずっとご自分の歯でしっかり食べることができます。

定期検診で行うこと

  1. レントゲン撮影
  2. 口腔内写真撮影
  3. 歯周病検査
  4. 虫歯検査
  5. 噛み合わせチェック

*1時間の診療時間の中で、無理のない範囲で行います。
痛みがある箇所の治療やクリーニングからご希望の場合は、4.虫歯検査 5.噛み合わせチェックは後日に行わせて頂きます。

定期検診の資料例

このような写真を撮影して、虫歯や歯周病が見つかった場合はご説明しています。

定期検診の費用

3,000円(健康保険適応で窓口3割負担の患者様の場合)

定期検診とクリーニングを同時に行った場合の費用

4,200円(健康保険適応で窓口3割負担の患者様の場合)

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る