予防歯科

予防歯科とは?

近年、歯科医院の役割が変化してきています。虫歯の治療をして終わりではなく、その後の再発を防ぐことが、求められてきています。

虫歯を削って痛みがなくなったとしても、残念ながら治ったわけではありません。削られたご自分の歯の代わりに、人工物が詰められただけなのです。

当院においても、長期にわたり健康的な歯を保つために、予防歯科に力を入れており、「定期的なメインテナンス」を推奨しています。

今までの歯科医療

残念ながら日本の歯科医療は、国際的な水準と比べると非常に遅れています。

虫歯だから削って詰めましょう
 ▼
型取りして銀歯を被せましょう
 ▼
痛いから神経を取りましょう
 ▼
歯がグラグラしてきたから抜きましょう
 ▼
歯がなくて噛めないなら入れ歯を作りましょう

このような、その場しのぎの対処療法の繰り返しでした。短期的にはなんとかなっていても、長期的には自分の大事な歯がどんどん人工物に置き換わっているだけです。

高齢者でも自分の歯が残る北欧と日本の違い

厚生労働省の調査では日本人の80歳代の平均残存歯数は、残念ながら7.4本と報告されています。歯科先進国であるスウェーデンでは平均25本も残っているのと比較すると、雲泥の差です。ではその差はどこから来るのでしょうか? 答えは定期検診の有無です。

日本では2%の人しか受けていない定期検診を、スウェーデンでは90%もの人が受けているのです。3ヶ月に1回の検診に行くだけですが、積もり重なると大きな差になるわけです。

人間の歯は親知らずを除いて28本あります。この28本を出来るだけ残していくことが予防歯科の目的と言えます。

歯が悪くなってしまう事によるリスク

残念ながら歯が悪くなってしまうような食生活・生活習慣を続けると、糖尿病や高血圧の原因になることが報告されています。
歯が悪いと柔らかいものしか食べれませんから、新鮮な野菜・肉・魚の摂取量が減り、炭水化物と糖質の摂取量が増えます。結果として肥満体質になってしまいます。
栄養価の高い食べ物を自分の歯でしっかり噛んで食べることは、運動と並んで健康を維持する為には必要不可欠なのです。

これからの歯科医療

何歳になっても自分の歯で噛めるには、定期検診が必要となります。
検診時に、口の中のあらゆる所を検査します。虫歯や歯周病のチェックだけでなく

  • 顎の骨や顎関節
  • 舌の粘膜の状態
  • 口の中の癌の有無
  • 噛み合わせや歯並び
  • 唾液の量や質

などの検査を必要に応じて行うことで、見落とされがちな口の中の疾患を早期に発見することができます。また大きな効果として、自分の口の中の状態を正しく知ることで、健康に対する意識が高まるという事があります。 食生活を含めた今後の生活での注意点や、その人個人にあった歯磨きの指導も行います。

早期発見・早期治療につとめ、病気にならないための知識の習得と意識の改善、これが最も重要です。当院のスタッフと二人三脚で、ご自分の大事な歯を一生涯にわたり維持して頂けたらと思っております。

当院でのメンテナンス

歯科衛生士による専用の器材を使った定期的なマウスクリーニングを実施しております。歯の表面上の汚れ(お茶、赤ワイン、喫煙による汚れなど)も取り去ることができます。クリーニングを定期的に行なっていると。虫歯や歯周病の再発率が10分の1以下になるという北欧のデータもあります。

1歯のクリーニング

専用の器具を使って、ご家庭での歯磨きでは落としきれない汚れ(バイオフィルム)を落とします。むし歯や歯周病の予防になるだけでなく、歯が本来持つ白さや輝きを取り戻すことができます。

2歯石の除去

プラークが石のように固まってしまったものを歯石といいます。強力に歯にくっついているため、歯磨きでは落とすことが出来ませんから、定期的に歯科クリニックで専用の器具を使って落としてもらいましょう。

3歯磨き指導

ご家庭でのお手入れをより良く行うために、あなたのお口に合ったお手入れ方法をご案内します。

4フッ素塗布

ご家庭では使えない高濃度のフッ素を塗布します。低濃度のフッ素が入った家庭用の歯磨剤と、歯科クリニックでの高濃度のフッ素塗布を組み合わせていくと効果的です。

日頃から虫歯予防にフッ素を取り込む為の効果的な方法

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る