自由診療価格表(税込)

医療費控除

1年間(その年の1月1日から12月31日まで)の医療費合計が10万円を越えている場合、確定申告時に申告する事で税金の控除(納税済みの税金の返金や、来年度の税金の減税など)が受けられます。

インプラントは10万円を超える手術ですから、受けた方は、その年度は医療費控除の対象となります。

また、扶養家族はもちろん、共働き夫婦で扶養から外れている妻の医療費を夫の医療費と合算して控除を受ける事も可能となっています。
※2013年現在。

税金が優遇される金額の計算

以下の条件の方のシュミレーションを行います。

  • 年収400万円
  • 年間50万円の医療費
  • 保険金の補填無し

1.まず、控除の対象となる金額を計算します。
医療費控除の対象となる金額(A) = 医療費の合計額 - 保険金などで補てんされる金額 - 10万円(年間所得課税200万円未満は5%)

2.戻ってくる税金を計算します。
所得税の還付(返金)金額(B) = (A) × 20%(年収400万円の場合)

3.翌年度に支払わなくて済む税金を計算します。
住民税の翌年度の金額(C) = (A) × 10%(年収400万円の場合)

このように、8万円が還付(返金)され、4万円の税金を支払わなくて済みます。

確定申告を行った場合の実質医療費

以下の条件の方のシュミレーションを行います。

  • 年収400万円
  • 年間50万円の医療費
  • 保険金の補填無し

50万円(医療費)-( 8万円 + 4万円 )= 38万円

確定申告を正しく行えば、50万円の治療も38万円で済む計算になります。 実際は保険などの補填などもあれば、個々人によって差が出てくるかと思いますが、インプラント以外にも10万円を超える医療はありますので、確定申告を正しく行う事をお薦め致します。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る