院長ブログ

2019年 04月 07日

親知らずの抜歯本数

当院が力を入れている診療分野の一つである『親知らずの抜歯』。

僕自身のこだわりとして、以下のような特殊な事情がない限りは、当院で全てのケースの親知らずを抜くことを心がけています。

当院で対応できない『親知らずの抜歯』は以下の患者様の場合です。
・高血圧や糖尿病などの全身疾患をお持ちで、術後の全身管理が必要な患者様。
・障害者手帳をお持ちで、麻酔科医の立会いが望ましい患者様。
・全身麻酔下での、親知らず抜歯をご希望の患者様。

以上に該当する患者様においては「藤沢市民病院歯科口腔外科」「藤沢市南部歯科診療所」をご紹介しております。

当院が開院しての7年間における、『親知らずの抜歯』の本数は2000本以上。
僕自身の歯科医師としての16年間のキャリアにおける、『親知らずの抜歯』の本数は4000本以上になります。

抜歯も外科処置の一つですから、やはり症例本数が多いことはメリットと言えると思います。


最新型の画像診断装置を完備しているので、低被曝でCT写真を撮影できます。


詳細な3次元データを活用することで、より短い時間での抜歯が可能となります。

 


タグ:

ページの先頭へ戻る