院長ブログ

2020年 05月 01日

矯正治療の模型分析

矯正治療で大事なことは、事前の準備なんです。
矯正専門医の芝田先生が、全ての歯の幅を計測して、顎の大きさとの差を計算しています。
デジタルノギスで計測した前歯の幅が、8,51ミリ
より美しい歯並びを実現するための矯正治療には、こんな感じで全ての歯の幅を0,01ミリ単位で計測するのがポイントとなります。

当院の矯正治療のこだわりとして、すべての患者様の矯正治療において、この計測を行なっています。

ちなみに今の時刻は夜12時。
1人の患者様の治療計画の準備には、実は6時間もかかるんです。。。
(模型分析・レントゲン分析・顔貌分析・機能分析・審美分析のトータル時間)

 

 


タグ:

ページの先頭へ戻る