審美歯科症例

審美歯科症例 何回も前歯が欠けてしまう。

《年齢・性別》
30代・女性

《来院動機》
何回も前歯が欠けてしまって困っている。大事な用事の前に欠けることがないようにして欲しい。

《初診時の口腔内写真》

上の前歯が欠けていることがわかります。

《治療方針》
上の真ん中の前歯2本に詰めた樹脂が欠けるのは、今回で3回目ということでした。
樹脂はどうしても強度に欠けるので、噛む力に負けて壊れてしまうこともあります。
患者様より「樹脂を詰めることはもうしたくない。」「長持ちする治療をして欲しい。」
という要望を伺いましたので、セラミックを被せることを提案致しました。

《治療後の口腔内写真》

《治療後の患者様の声》
今までは、また欠けてしまったらどうしようと不安でしたが、これで安心して固いものも食べれます。

《Dr.より》
何回も同じやり方で対応しても結果は同じになってしまいます。
樹脂を詰めてもすぐ欠けてしまう場合は、セラミックによる修復をお勧めしています。


タグ:

  • インプラント症例
  • 審美歯科症例
  • 矯正歯科症例
  • ホワイト二ング症例
  • その他症例

インプラント症例

審美歯科症例

矯正歯科症例

ホワイト二ング症例

その他症例

ページの先頭へ戻る