矯正歯科症例

矯正歯科症例 下顎前歯が1本足りない、上前歯の隙間が気になる。

年齢・性別

11歳・女児

来院動機

下顎前歯が1本足りない、上前歯の隙間が気になる。

初診時の口腔内写真

治療方針

過蓋咬合で上顎の顎に対して歯が大きいです。拡大床を付けて顎を広げます。前歯部にはブラケットを装着します。下顎は下前歯1本が先天性欠損のため上の歯と正中は合わないですが、噛み合わせの高さをコントロールし上下の歯を噛み合わせた時に適正な深さに近づけていきます。

治療後の口腔内写真

治療後の患者様の声

前歯の隙間がなくなり綺麗な歯並びになって嬉しいです。

矯正医より

約2年半で過蓋咬合が治り前歯の隙間も埋まりました。小児の場合は骨が柔らかく歯の移動がスムーズにいきます。

症例の治療に必要な標準的な費用(当投稿日現在)

300,000円から(税別)

小児矯正の場合、軽度・中等度・重度により費用が変わります。

  • 調整費別途

主なリスク・副作用

虫歯や歯周病が進むことがあります。

タグ:

  • インプラント症例
  • 審美歯科症例
  • 矯正歯科症例
  • ホワイト二ング症例
  • 親知らず抜歯症例
  • 精密根管治療症例

インプラント症例

審美歯科症例

矯正歯科症例

ホワイト二ング症例

親知らず抜歯症例

精密根管治療症例

ページの先頭へ戻る