小児矯正

子供の矯正

子供矯正の様子乳歯から大人の歯へ生え変わるまでの時期に行うものが小児矯正に該当します。
小児矯正治療は、お子さんの成長に合わせて治療していくため、治療計画は人それぞれです。骨格や舌癖を矯正する1期治療と、仕上げに歯並びや噛み合わせを調整する2期治療に分けて治療する場合があります。

Ⅰ期治療

正しい顎の成長を促し、永久歯が生えるときにより正しい噛み合わせになるように導きます。子供の歯並びを悪くする原因の癖があるときや(指しゃぶり、おしゃぶり、舌で歯を押す癖、口呼吸、悪い姿勢など) 顎の大きさ、歯の大きさなどの不調和、また後続永久歯の生える隙間の確保なが必要で、このまま放置してしまうと重篤な噛み合わせになってしまうと診断された場合。(~永久歯に生え変わるまで)

Ⅱ期治療

Ⅰ期治療が完了した後、経過観察の中で歯並びの調整が必要になった場合はⅡ期治療をご提案致します。永久歯にブラケットを装着して緊密な噛み合わせを完成させます。小学生高学年~中学生位の歯牙の萌出状況により、Ⅱ期治療は不要の場合もございます。

☆Ⅰ期治療からはじめるのをおすすめします☆

成長期にしか出来ない治療方法があります!学童期に行う小児矯正は、歯の生え変わりや、あごの成長を利用することのできる唯一の時期です。この時期に治療を始めると一期治療だけで矯正治療が終了することも少なくありません。
第一期治療をすることで、二期治療に移行後、永久歯を抜歯することなく歯列矯正ができる可能性が高くなります。

費用について

小児矯正(10歳くらいまでのお子さんが対象です。)

  軽度 中等度 重度
相談料 0円 0円 0円
検査・診断料 5,000円 5,000円 5,000円
装置・施術料 300,000円 450,000円 600,000円
保定装置料(リテーナー) 30,000円 30,000円 30,000円
調整料(歯を動かす時期) 5,000円 5,000円 5,000円
調整料(歯を安定させる時期) 3,000円 3,000円 3,000円

当院の方針として、できる限り成人矯正に移行する必要がないように対応いたします。ですが、より美しい歯並びにするためには成人矯正まで必要になることもあります。その場合は、成人矯正の装置・施術料(唇側ブラケット)650,000円との差額を頂いて対応させて頂きます。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る