院長ブログ

2018年 02月 17日

親知らず抜歯2回法

2年くらい前から、右下の親知らずの痛みに悩まされてきた20代男性の患者様。

若い世代の方は、小顔で顎が小さい分、親知らずが奥深いところにあるケースがとても多くなっています。

右下に親知らずが傾いて存在しており、痛みの原因になっています。

黄色い線が下顎神経の走行をトレースしたもの。完全に親知らずと神経が重なっていることが分かるでしょう。
ここまで親知らずと神経がくっついていると、どんなに上手に抜歯しても神経麻痺が起きる可能性があります。

神経麻痺が万が一にでも生じてしまうと、唇や顎の感覚異常に悩まされてしまいますからね。
どんな感じかと言うと、長い間正座していて、足が痺れた時の感覚に近いんです。あの不快な感じがずっと続くのは、困りますよね。。。

このように、リスクが高い親知らず抜歯の場合は、当院では2回法を提案しています。
まず歯冠部分のみを抜歯して9ヶ月後に歯根部分を抜歯します。9ヶ月待っている間に、親知らずが移動してくれると、神経麻痺の可能性が下がる訳です。

歯冠部分を除去した後のレントゲン写真です。9ヶ月待って、残った歯根が移動したら、残りを抜歯します。

もし歯根が9ヶ月待っても動かない場合は、そのまま置いてきてもいいでしょう。
あえて歯根を置いてくる方法は、歯冠切断術と呼ばれており、日本では一般的でないですが、欧米では有効な方法と認められています。

別に痛みの原因にならないならば、神経麻痺のリスクを冒してまで、すべて抜かなくてもいいですものね。。。

タグ:

ページの先頭へ戻る