院長ブログ

2019年 06月 16日

前歯のインプラント治療の流れ

当院におけるインプラント治療は、治療期間・回数ともに最小限になるように、システム化されています。

①初診時


右上の差し歯が外れて来院された患者様の、初診時の口腔内写真です。


完全に歯根が割れているので、保存は不可能です。
入れ歯は嫌ということで、患者様はインプラント治療を希望されました。

②オペ日


来院2回目に、抜歯をして同時にインプラントを埋め込みます。
抜いた歯は完全に壊れている状態でした。


抜歯をした穴の中にインプラントをそのまま埋め込むので、メスも針も使いません。


インプラントを埋め込んだ後のレントゲン写真です。


前歯ですから、当然即日で仮歯を入れた状態で帰って頂きます。

③消毒と仮歯のチェック

オペ日から約1週間後に、トラブルが発生していないかを確認します。

④セラミック歯の型取り(オペ日から約2ヶ月後)

色合わせ、噛み合わせの記録、型取りなどを行います。

⑤セラミック歯のセット(オペ日から約3ヶ月後)


レントゲンで適合を確認します。


色・形・噛み合わせ全てにおいて、患者様が満足して頂けるインプラント上部構造が入りました。

 

このようにシンプルなケースにおいては、通院回数5回、治療期間3ヶ月で、インプラント治療が完了します。


タグ:

ページの先頭へ戻る