院長ブログ

2020年 01月 27日

リラックス麻酔でのインプラントオペ

最近、希望される方がとても多いリラックス麻酔(静脈内鎮静法)

静脈に点滴でお薬を入れることにより、治療中のことを全く覚えていないので、とても人気のある手法なんです!

麻酔を担当するのは、僕の北海道大学歯学部の1期後輩である中島慶治先生。
僕と彼は同じ硬式テニス部に所属していましたから、かれこれ22年前からの付き合いになります。

中島先生は北海道大学を卒業した後、東京大学病院で研修を積んだ非常に優秀な先生です。

中島先生に全身管理を安心して任せることで、僕はインプラントオペに集中できるので、非常に助かっています。

こちらの患者様には、1時間半のリラックス麻酔中に7本のインプラントを埋め込みました。
1本もしくは2本のインプラント埋入ならば通常の局所麻酔でいいと思うのですが、3本以上のケースだとリラックス麻酔がオススメです!


タグ:

ページの先頭へ戻る