院長ブログ

2020年 10月 09日

歯の麻酔が心配な方へ

歯の治療において、絶対に必要な麻酔注射。
歯の麻酔についての情報をまとめましたので、参考にして下さい。

歯の麻酔で起こる副作用の症状
①動悸
麻酔薬にはアドレナリンが配合されているため、心拍数が上昇します。心拍数が上がることで、動悸が起こることがあります。
②頭痛
アドレナリンを配合していることによって、血圧が上昇します。
そのため、血圧が上がり頭が痛くなるという方もいるようです。
③悪心
手術中は緊張していますし、麻酔の注射の痛みで脳貧血を起こす方もいらっしゃいます。
そして、脳貧血から吐き気を催したり、悪心を起こしてしまったりする場合があります。
④手足が震える
麻酔注射の際の緊張で脳貧血を起こし、手足が震えるという副作用が起こる場合があります。

副作用が生じた場合
不快症状が起きてしまった場合は、すぐに当院スタッフにお伝え下さい。
治療を中断して、少し休むと回復されることがほとんでです。
また、「今まで副作用が起こったことがない」という方でも、当日の体調や精神状態などにより起きてしまうこともあります。

歯の麻酔が効いている時間
歯の麻酔は、歯肉に針を刺して、麻酔薬を歯茎や顎骨に浸透させることで、治療時の痛みをブロックする麻酔方法です。(専門用語で浸潤麻酔と言われます。)
歯の神経は硬い歯の中にあるので、歯に直接麻酔することが不可能なため、周りの部分にたくさんの麻酔薬を注入する必要があります。
そのため、麻酔が効くまでに時間がかかったり、治療が終わっても広範囲の部分(鼻や唇や頬)がしばらくしびれています。
処置内容によりますが、治療後2~4時間は効いていることが多いと思って下さい。
(お付き合いが長くなれば、その方に取って最適な麻酔量が分かってきます。)
麻酔が長く効くことによる痺れを不快に感じると思いますが、お体には異常はありません。
あくまで一時的なものですので、ご安心下さい。

唇を噛んでしまうことがあります
麻酔が効いているときに、唇をかんでいると大きく腫れてしまうことがあります。
お子さんや久しぶりに歯の治療を受けた方の場合は、麻酔が効いていると噛んでも痛くないため、何度も唇を噛んで腫れてしまうことがあります。

麻酔薬を変えることもできます
当院では、3種類の麻酔薬を患者様の状況により使い分けています。
前回の治療時に、不快症状が強く出てしまった場合や、麻酔の作用時間が長かった場合は、処置内容に応じて麻酔薬の種類を変えることも可能ですので、当院スタッフにお伝え下さい。

タグ:

ページの先頭へ戻る