スタッフブログ

2014年 02月 04日

仮歯でもこんなに綺麗!!

皆様いかが

過ごしでしょう?何やら気候の寒暖差があり、体調管理にはくれぐれも。。

あ、歯科衛生士の大友尚子です。こんばんは。

さてきょうは、前歯のインプラントの症例紹介といきましょう。院長先生のブログとかぶるかな?すみません、、

左上中切歯セラミックの歯に根の破折。。両隣の歯は神経のある健全歯のためインプラント希望。

まずは抜歯。抜歯して出来たくぼみにインプラント埋入。抜歯即時。インプラントはZimmer。

角化歯肉移植。そんなこんな。

Exif_JPEG_PICTURE

前歯なので審美性を考えて、二次OPEでは歯肉を盛り上げる工夫を。(スペシャルアドバイザーS.Kドクター)

 

そして、仮の歯の作製。

即席で技工士もいないし、専用パーツも無かったため、型取り用のコーピングを加工し、UCLA型テンポラリーを。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTUREこれで歯肉の安定を待ちます。仮歯です。

Exif_JPEG_PICTURE

そしてなんやかんや色々あり、わあわあ言うとるうちに、ファイナル、ジルコニアとセラミックの本歯が入ります。

IMG_2981

 

向かって右側がインプラントです。

IMG_2979半年後です。歯肉いい感じですね。

この方は実は、噛み合わせも考慮し(なぜなら元来自分の歯をかぶせものにしてさらに破折に追い込んだ原因は

対合する下の歯の噛み合わせに起因しているから)、下の前歯もプチ矯正されております。。

そう、この方は歯に対する意識が、ハンパないのです。

 

さあ、ここまではいいのかもしれませんが、このあとのメインテナンスが非常に重要なのです。

プラークコントロール、歯ぎしり対策、私たち歯科衛生士はウカウカしていられませんから。

責任をもって、この良い状態を維持するべく、お付き合いしていく所存であります。。

そんな意気込みの今日このかたでございます。。

 


タグ:

ページの先頭へ戻る