スタッフブログ

2021年 05月 13日

最先端の根管治療を導入しています

こんにちは!くげぬま海岸歯科クリニックです。

今日は「精密根管治療」のご紹介です。

精密根管治療って何?

精密根管治療とは、歯の神経が虫歯菌に侵されてしまった場合に行う治療です。
マイクロスコープと呼ばれる手術用顕微鏡や、ラバーダムと呼ばれる装置を使って、
神経があった部分、歯の奥の根っこの部分の治療をします。

保険診療にも根管治療は組み込まれていますが、
保険診療に比べて自由診療の精密根管治療は、ご自身の歯を残せる可能性が30%アップします。 

治療をしてもなかなかお痛みが取れないという方は、試されることをお勧めします。

マイクロスコープを使うと、肉眼の20倍まで拡大して見ることができます。

今までの、医師の経験と勘に頼る治療ではなく、全てを目視することで精密な治療が可能となります。
もともとは脳神経外科用に開発された機器を歯科用にカスタマイズしています。

CTがあるから可能になる3次元画像診断

当院ではCT撮影も可能です。

レントゲン撮影と比較すると、CT撮影では歯の神経の走行が立体的に把握できます。
マイクロスコープと組み合わせることで、肉眼では見えない神経の取り残しを防ぎます。

なかなか取れないお痛みに悩んでいる方へ

他院で長期間にわたり根管治療を受けていたもののなかなか良くならず、当院に転院された方も沢山いらっしゃいます。

残念ながら、ヒビが入っていたり、状態が悪く保存が難しかったりする場合もありますが、まずは顕微鏡やCTを駆使して、歯を残せる場合と残せない場合を明確にして治療を開始することが大事です。

お心当たりがある方は、是非一度ご相談くださいね。

タグ: ,

ページの先頭へ戻る