院長ブログ

2015年 02月 01日

歯周病③

歯周病①歯周病②では、
虫歯ではなく「歯周病」で歯を失う方のほうが多いことと、「歯周病」の原因・特徴・治療方法について書きました。

今日は更に補足して書いていこうと思います。

“歯周病って確かに怖いなーでも痛くもないのに、何回も汚れを取る為に通院するのは面倒だなあ”
“万が一歯が抜けたら困るけど、そのときは入れ歯があるからいいや”
“入れ歯は嫌だけど、今はインプラントがあるから大丈夫でしょ”
って思っている方いませんか?

最近の研究によって、歯周病は全身の病気と密接に関わっていることが、証明されています。
・心筋梗塞→歯周病菌が血小板に入り込むことで、血栓が出来やすくなり、心臓の血管が詰まってしまう。
・糖尿病→歯周病菌によって糖尿病がすすみ、糖尿病によって更に歯周病が悪化するという、負の循環が生じてしまう。
この2つが代表的ですが、三叉神経痛・肋間神経痛・バージャー病などとの関連性も指摘されているんです!

肺や胃腸の中をキレイにするのは大変ですが、お口の中のクリーニングは簡単ですよね。最初だけは、歯茎の外と中で計6回ほどのクリーニング回数ですが、その後は1〜3ヶ月に1回だけで済みます。お口の中がツルツルピカピカになるのは、とっても気持ちいいですよ。

当院の常勤歯科衛生士も、2月に4人から5人へと増えます。全日本人のうち8割が罹患していると言われる歯周病。
ぜひプロフェッショナルによる定期的な歯石除去を受けて頂き、口腔に限らず全身の病気も予防して欲しいですね。

下の図は歯周病の進行度合いを描いたアニメーションです。進行すると顎の骨が無くなってしまうのが怖い点です。失われた顎骨を再生させるのは困難ですから、予防的クリーニングが一番大事でしょう。

 

4a301b2307a068775a2eb414d75dd96e

タグ:

ページの先頭へ戻る