院長ブログ

2016年 11月 21日

歯をできる限り残すために。

歯をすでに失ってしまった場合は、インプラント治療で失った歯を取り戻すことを、第一選択として提案しています。

ですが、まだ歯があるならできる限り残して欲しいですよね。抜くのはいつでも出来ますから、僕が患者様の立場でも、可能性がある限りとにかく自分の歯を残して欲しいです。

抜歯にまで至る原因としては、主に以下の項目が挙げられます。

①虫歯が進行して、歯そのものが無くなってしまった。
②歯周病が進行して、歯を支える骨が失われてしまい、歯が動揺している。
③歯が割れてしまった。《歯根破折》
④歯根の病気になってしまい、根菅治療を受けてもなかなか痛みや腫れがひかない。

①の場合は、もう歯が完全に崩壊しているので、皆さん抜歯で納得して頂けます。②の場合も、完全に歯が動いていますから、抜歯を覚悟して来院されます。③の場合は激しい痛みを伴って来院されますし、レントゲンやCTで破折線が見えますから、抜歯にすぐ同意して頂けますね。

悩ましいのは④の場合です。歯の神経の治療は、根管治療もしくは歯内療法と言われます。歯が痛くなって神経を取った経験がある方は多いでしょう。実は根管治療はすごく難しい治療です。歯科医療先進国のアメリカのデータでも、成功率は60%〜90%。

インプラント治療の成功率は99%ですから、比較すると根管治療の大変さが分かって貰えるでしょう。

当院では成功率を少しでも上げるために、以下の工夫を凝らしています。

⑴口腔内の細菌数を少なくするために、歯科衛生士による歯石の除去。
⑵器具の消毒・滅菌の徹底。
⑶CT撮影で骨内の正確な診断。
⑷顕微鏡による精密根管治療。

⑴⑵は無菌状態で処置を行うためには必要不可欠になります。歯根の病気は感染症ですから、とにかく細菌数を減らすことが成功のポイントです。
img_2864
当院の自動洗浄機。お腹の手術と同等レベルの洗浄が可能となります。

⑶レントゲンでは見えないところをCTで確認できると診断の誤差が無くなります。なかなか治らない場合は、健康保険を使用して撮影可能です。《3500円くらい》

⑷顕微鏡を使用すると肉眼の20倍くらいまで拡大可能となります。
img_2787
こんな感じで使用します。覗き込んでいる画像はモニターと連動しているので、説明にも便利なんですね!
img_2784
痛みの原因だった2本の根菅がキレイな無菌的な状態になりました。
奥歯に限定されますが、顕微鏡を使用しての根菅治療も保険適応となる場合もあるので、詳しくは僕に聞いて頂ければと思います。

 


タグ:

ページの先頭へ戻る