電話予約
オンライン予約 初診限定
LINE公式アカウント
院長ブログ

院長 三浦 陽平

2016年 10月 31日

良い歯科医院の見分け方!!

当院では初診時に必ず5枚の口腔内写真を撮影するシステムになっています。
レントゲンや手鏡だけでは、なかなかご自分のお口の中の状態は分かりにくいですからね。
よく遠方に住んでいる友人に「良い歯医者さんを見分けるには?」と聞かれるのですが、僕は「初診時・メンテナンス時に口腔内写真を撮影して説明してくれること」と回答しています!

《百聞は一見に如かず》と言われるように、言葉だけの説明では絶対に不十分です。ご自分のお口の中の状況を理解して頂いた上で、治療前後の比較をするには、口腔内写真撮影は欠かせません。

右のCanon製のは開業時から使用しているカメラ。左のNikon製のは先月導入したばかり。

右上の前歯の審美性を気にされて来院された患者様の、初診時口腔内写真です。

状態が悪い前歯を抜いて、即時にインプラント埋入して仮歯をセットしたあとです。

オペから2ヶ月経過後です。失われていた歯茎が再生してきています。

オペから4ヶ月後にセラミック歯をセットしました。

オペから1年後、メンテナンス時の口腔内写真です。完全に左右対称になりました。

歯科業界のカメラ人気もCanon派とNikon派に二分されています。どちらも良いメーカーですので、新しく購入したNikon製の写り方が楽しみですね。

この記事を書いた人

くげぬま海岸歯科クリニック 院長の三浦 陽平です。何歳になってもしっかり噛めるように、すてきな笑顔でいられるように、20年後・30年後を見据え、やり直しがない本当に良い治療を提供していきたいと思っています。

院長の投稿一覧