院長ブログ

2018年 05月 13日

オールセラミックの種類

銀歯を白いセラミックに変えたいという要望が、とても多い当院。

患者様のご要望にお応えして、たくさんの種類のセラミックを用意しています。

10年以上前はセラミック単独の歯は技術的に難しく、貴金属の上にセラミックを焼き付けたメタルボンドと呼ばれる人工歯が主流でした。

現在は、貴金属を使用せず、セラミック単独で修復する、オールセラミックと呼ばれる人工歯を使用することがほとんど。

やはり、より綺麗に輝く白い歯を手に入れるには、裏打ちに金属は使用したくないですからね。

上の写真は、当院で扱っている奥歯用のオールセラミックのサンプル。

国内海外のメーカーを問わず、良い製品はどんどん取り入れています。
現在取り扱ってい奥歯用のオールセラミックの種類は5種類。前歯用のオールセラミックの種類は6種類もあります。

審美歯科という分野も、日進月歩ですからね。1年ごとにより綺麗になって丈夫な製品が開発されて実用化されています。

当院では、患者様の好みや顔立ちや元々の歯の色調や噛み合わせを考慮して、ベストな材質を提案しております。

 


タグ:

ページの先頭へ戻る