院長ブログ

2021年 02月 11日

クラスB オートクレーブ リサ を導入しました。

新型コロナウイルス感染予防対策として、クラスBオートクレーブ リサ を導入しました。
一口に滅菌と言っても、実は様々な規格があります。

小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ規格EN13060においては、小型高圧蒸気滅菌器の性能要件とそれに付随するテスト方法が規定されています。
それらは医療分野の基準として各国で幅広く使われています。
血液や唾液と接触する材料や器具には様々な形状のものがあり、それぞれの形状に効果的な滅菌サイクルによって滅菌する必要があります。
ヨーロッパ規格EN13060ではクラスB、クラスS、クラスNという3種の滅菌サイクルが規定されています。
その中でクラスBサイクルだけが、全ての形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、二重包装)を滅菌できると言われています。

新型コロナウイルス感染予防対策はもちろんのこと、全ての院内感染予防対策をより徹底できると思います。

タグ:

ページの先頭へ戻る