院長ブログ

2021年 02月 11日

痛みの少ない治療のために、コンピュター制御式電動麻酔器を使用しています。

歯科治療において最も患者様にストレスを与えてしまう、麻酔注射時の痛み。
それを少しでも緩和するために、当院では電動麻酔器を使用しています。
注入速度と注入圧力をコンピューターが自動的にコントロールすることで、痛みを最小限にすることが可能です。

電動麻酔器は特に下顎の奥歯の治療時に効果を発揮します。
下顎の骨はとても硬く、手用の通常麻酔だとどうしても強圧になってしまい、患者様に痛みを与えてしまうことが多々あります。
電動麻酔器だと、患者様に痛みを感じさせないギリギリの範囲内の圧力で麻酔薬を注入できるのです。

あ、でも全ての場合において電動麻酔器が優れているわけでもなかったりします。
やはり、人間の手の繊細さにまだまだ機械が及ばない部分もあります。
骨が硬くない部位においては、トータルで人間の手の通常麻酔の方が痛みが少なく麻酔できると思います。

部位と処置内容と患者様の状況によって、手用麻酔と電動麻酔をうまく使い分けています。

タグ:

ページの先頭へ戻る