院長ブログ

2021年 09月 06日

当院の 予防歯科 年間プログラム

定期検診(メインテナンス)の重要性

残念ながらまだ日本では、歯科医院は歯の痛みや歯茎の出血など、お口の中のトラブルが起きてから行くところ』と認識されています。
そのため、全ての治療が終わって定期的に受診して下さいと言われても、どこも悪くないのになんで?と不思議に思われる方もたくさんいると思います。
しかし、下のポスターを見て頂けば分かるように、トラブルが起きてからの受診を繰り返しているうちは、結局はご自分の歯を失ってしまう悪いループから逃れることはできません。

定期検診(メインテナンス)の費用

実は定期検診はこれまで「予防医療」という扱いで、健康保険を適応するにはグレーゾーンであり、自由診療となってしまい、私達も患者様へ来院を促しにくい側面がありました。
しかし、2020年4月の診療報酬改定によって、予防歯科の一部が健康保険適応となりました。
費用対効果の面からも、3ヶ月に1回の定期検診を受けて頂きやすい環境が整っています。

当院の 予防歯科 年間プログラム(3ヶ月の1回の受診をオススメします。)

1回目 クリーニング 窓口3割負担で約2,000円

2回目 クリーニング/歯周病検査 歯磨き指導(必要ない方もいます。)窓口3割負担で約2,000~2,600円

3回目 クリーニング 窓口3割負担で約2,000円

4回目 クリーニング/歯周病検査 レントゲン撮影 口腔内写真撮影 虫歯と噛み合わせチェック  窓口3割負担で約4,200円

なお、全ての虫歯治療と歯周病治療が終わった方が対象となります。
たまに、虫歯治療も歯周病治療も受けないでクリーニングのみを希望される方もいますが、
それは、無駄なお金と時間の浪費でしかありません。

タグ:

ページの先頭へ戻る