審美歯科症例

審美歯科症例 子供の頃に入れた差し歯を交換したい。

《年齢・性別》
20代・男性

《来院動機》
子供の頃に入れたセラミックの差し歯が変色してきたので、交換してキレイにしたい。

《初診時の口腔内写真》

右上の前歯が変色してしまい、明らかに周囲の歯との色調が合わなくなっています。

《治療方針》
患者様は、10年以上前に入れた古い差し歯を交換して、より自然な見た目にして欲しいという要望をお持ちでした。
審美歯科(美容歯科)の技術レベルは、10年以上前とは比較にならないほど、進歩しています。
ある程度の費用(1本12万円+消費税)はかかりますが、最新型のセラミック歯を選択して頂けると、より自然で美しく見える歯を手に入れることができます。

《治療後の口腔内写真》

歯茎のラインも整い、不自然な白さではなく、より明るく自然な白さを再現できました。

《治療後の患者様の声》
自分本来の天然の歯と同じにしか見えないので、大満足です。

《Dr.より》
一口にセラミック歯と言っても、たくさんの種類と手法があります。
また、患者様ひとりひとりの歯の色味は異なりますし、ひとりひとり求める美しさも異なります。
当院では、患者様に丁寧なカウンセリングを行い、一番美しく長持ちするセラミック修復を提供することを心がけています。


タグ:

  • インプラント症例
  • 審美歯科症例
  • 矯正歯科症例
  • ホワイト二ング症例
  • その他症例

インプラント症例

審美歯科症例

矯正歯科症例

ホワイト二ング症例

その他症例

ページの先頭へ戻る