電話予約
オンライン予約 初診限定
インプラント症例
2021年 09月 25日

インプラント症例 スタッフの母親のインプラント治療。

年齢・性別

60代・女性

来院動機

普段は東京都に住んでいる。
近隣の通っていた歯科医院でインプラントを勧められたものの、そのクリニックではインプラント治療を行ってなく、大学病院を紹介された。
せっかくなので、娘が働いているクリニックでインプラント治療を受けたい。

治療内容

事前の精密検査

初診時のレントゲン写真

右上の奥から4番目の歯を他院で抜歯を提案されていました。

初診時のCT写真

他院で大学病院を紹介された理由としては、骨がなく骨増生が必要と診断されたことが推測されました。

初診時の口腔内写真

治療方針

短いインプラント(ショートインプラント)を選択することで、副鼻腔に骨を造ることを避ける計画を立てました。
また、東京都からの通院となるので、治療回数を最小限にする必要があります。
通院1回目 抜歯→インプラント埋入→即日での仮歯セット
通院2回目 プライムスキャンでのインプラントの型取り
通院3回目 インプラントの上部構造(セラミック歯)セット

治療中の様子

20年以上前に入れたセラミック歯を外してみると、完全に歯根が割れている状態でした。
抜歯後です。
骨が全くないことが分かります。
抜いた歯は3つに割れていました。
抜いた穴をドリルを逆回転させて圧縮していきます。
直径4,5ミリ長さ7ミリのショートインプラントを埋め込んでいきます。
副鼻腔を触らない範囲で、インプラントが収まっています。
理想的な位置にインプラントが埋め込まれました。
仮歯用の土台をセットしました。
即日で仮歯を作成しました。
この状態で3ヶ月ほど待って頂きます。

治療後のレントゲン写真

プライムスキャンでの型取りにより、適合に優れた上部構造の製作が可能となります。

治療後の口腔内写真

白く輝くセラミック歯が入りました。
右上の奥から2番目がインプラント です。

治療後の患者様の声

説明を聞くまでは、「手術」「骨に埋める」という言葉で、かなり怖いもののように感じていました。
実際にはオペの間に、先生や衛生士さんが声かけしてくれて、何をしているか説明しながら行ってくれるし、痛みも少なく困ることなく終わって、本当に良かったです。

Dr.より

遠方からの通院ですので、できるだけ負担が少ない治療計画になることを心がけました。
ショートインプラントとプライムスキャンを活用することで、最小限の通院回数で済ませることができます。

症例の治療に必要な標準的な費用

400,000円(税別)

主なリスク・副作用

インプラント治療には「腫れ・痛み・違和感・出血・感染」などのリスクがあります。 また、稀にインプラントと骨が結合しないことがあります。 もし万が一、インプラントと骨が結合しない場合は、すぐに再埋入手術を無料で行わせて頂きます。

この記事を書いた人

くげぬま海岸歯科クリニック スタッフのブログです。

スタッフの投稿一覧