親知らずとは?

親知らずとは?

親知らずとは、中切歯(最前方の前歯)から数えて8番目にある上下左右の4箇所にある奥歯になります。

4本未満、親知らずがない人もいて個人差があります。

一般的には20歳前後に生えてきます。

なぜ、親知らずを抜くのか?

親知らずが正常に生えていれば、実は抜く必要がありません。

しかし、親知らずは隣の歯にぶつかっていたり、正常に生えてこないケースが多く、様々なデメリットを引き起こします。

親知らずのデメリット

1むし歯

親知らずが斜めに生えてくると、歯磨きができないスペースができ、むし歯になりやすくなります。

2口臭

正常でない生え方をした歯の周りは、歯垢(プラーク)がたまり口臭の原因になります。

3炎症・歯周病

正常な生え方でない場合、歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)がたまりやすくなります。
不衛生な状態により、歯肉に炎症が起き、歯茎が腫れたり痛みが生じます。

4隣の歯への影響

親知らずが隣の歯に向かって斜めに生えた場合、歯磨きができない事で親知らずのみならず、隣の歯も虫歯になるリスクを抱えます。
また、生え方によっては、隣の歯の歯根にぶつかり、歯根吸収(歯の根っこが短くなる)を生じさせグラグラになる原因を作るケースもあります。

5歯並びが悪くなる

親知らずが縦に生えておらず、斜めに傾いてしまっている場合は、手前の歯を押すことで歯列不正の原因となります。
矯正治療を検討している方や歯並びの悪化を防ぎたい方は、早めの親知らず抜歯を推奨いたします。

以上のような、デメリットから当院では親知らずを抜くことをお薦めしています。

親知らず治療について

親知らずの抜歯は保険診療で全て行えますので、親知らずが生えてきて気になる場合は歯科医院での精密検査をお薦めします。

親知らずを抜歯したほうが良いケース

  • 疲れたときに、歯ぐきが腫れてしまう
  • ご飯を食べると、いつも食べ物が挟まってしまう
  • 手前の歯もしくは親知らずが虫歯になってしまった
  • 一度でも痛かったことがある
  • 歯並びが少しずつ悪くなってきている気がする

親知らずを抜歯しなくて良いケース

  • 親知らずがきちんと生えて、上下がしっかり噛み合っている
  • 歯ブラシで汚れを取ることが出来る
  • 顎の骨の中に完全に埋まっている
24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る