親知らず診療の流れ

1ご予約・受付

ヒアリング・問診票への記入の様子

初診の患者様は、Webまたは電話にて初診のご予約をお願いいたします。
当日、受付にて問診票をお渡しします。
「親知らずを抜いて欲しい」件と、患者様のお口の状態と症状、また全身疾患などご記入ください。
ご要望や疑問点などがございましたら、遠慮せずご記入ください。
問診の際に確認させていただきます。

2精密検査・診断・クリーニング

検査・カウンセリングの様子

レントゲン撮影、口腔内写真撮影、CT撮影、説明、同意書へのサインなどを行います。
事前の準備が必要なため、初診時での抜歯は行っておらず、2回目の来院時での抜歯となります。(緊急性が高い場合は除きます。)
お痛みがある時は、お薬などで対応させていただきます。
また、初診時もしくは2回目の来院時にお口の中のクリーニングを行うことで、抜歯後の感染トラブルを軽減いたします。

3麻酔

麻酔の様子

針を刺す痛みを感じにくくするように事前の表面麻酔(テープを貼るタイプ)をしっかり効かせて麻酔をするようにしています。
希望により笑気麻酔も用意しています。
完全に意識がない状態での無痛治療をご希望される場合は、麻酔科医立会いの元での静脈内鎮静法を選択することも可能です。
(静脈内鎮静法は保険診療適応外であり、自由診療扱いとなります。)

4親知らずの抜歯

埋まっている親知らずでも多くの場合、1本あたり30分以内で終わります。中には時間を要する症例もありますが、短時間で終わらせることを心がけています。

抜歯の流れ

5抜歯後の止血、消毒

抜歯後の止血、消毒の様子

抜歯・縫合が終わったら、歯茎を止血、消毒します。

6抜糸

抜歯後1週間ほどしてから抜糸を行います。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る