親知らずが神経と近いと言われた方へ

下の親知らずは、下顎神経と近いことがよくあります。
親知らずと神経の位置が近いと、親知らずを抜いた後で『神経損傷による麻痺感』が後遺障害として発生することがどうしてもあるのです。
下の親知らずを抜きたくても、「神経や血管に近いので危険があります。」「神経麻痺が起こる可能性があるので様子を見ましょう。」と歯科医院で言われたことがありませんか?
当院ではそのような方に、『親知らず抜歯2回法』をご提案しています。

どれくらいの割合で神経損傷が発生するの?

下唇やその下のオトガイ部に麻酔が効いたような痺れ感が出てしまう確率は0.4〜5.5%。半年以上経過しても麻痺感が残ってしまう確率は全体の0.05%と報告されています。
0.05%=1/2000ですから、とても少ない割合とも言えます。
しかし、親知らずと神経がガッチリくっついてしまっているようなケースでは、当然もっと確率は上がります。
そのような場合においては、3%〜5%の割合で、長期間に渡って麻痺感が残ってしまうと言われています。

安全に抜ける『親知らず抜歯2回法』とは?

文字通り2回に分けて、親知らずの抜歯を行うことです。

1

歯冠部分だけを抜く。
神経と近い歯根はそのまま置いてくる。

2

1年以上待つ。

3

歯根が移動して神経と離れたら、歯根も抜く。
もし、歯根が全く移動しない場合は、そのまま放置。

どんなに上手な歯科医師が担当しても、神経損傷を100%防ぐことはできません。
時間はかかりますが、親知らず抜歯を2回に分けてしまうことで、安全に抜くことができます。

『親知らず抜歯2回法』のメリット

  • 神経損傷(神経麻痺)が生じる可能性がない。
  • 骨を削る量が少ないので、痛みと腫れも少ない。
  • 1回あたりの処置時間も短い。
  • 動脈損傷(大出血)のリスクもない。

『親知らず抜歯2回法』のデメリット

  • 回数と時間がかかる。
  • 費用が多くかかる。(多くかかるといっても2万円くらいで済みます。)
  • 欧米では認知されている手法だが、日本ではマイナーなテクニックである。

『親知らず抜歯2回法』の治療例

初診時のCT写真です。
親知らずと神経が完全にくっついている状態です。
(下顎神経は紫にカラー表示しています。)
親知らずの頭(歯冠)のみを切断して抜いた後の、CT写真です。
親知らずの頭(歯冠)だけ抜いてから、3年後のCT写真です。
親知らずの根(歯根)が右側に移動して、神経と離れていることが分かります。
全て抜歯した後のレントゲン写真です。
安全に親知らずを抜歯することができました。
24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る