院長ブログ

2020年 06月 01日

上下左右の親知らずを2回で抜く!

新型コロナウイルスの感染対策の兼ね合いで、大学や高校はまだ本格的に稼働していません。
そんなこともあり、今のうちに親知らずを一気に抜いて欲しいという患者様が多数来院されています。

欧米では、高校生くらいで親知らずを早めに抜いてしまうことが推奨されていますからね。
日本では、社会人になり何回も腫れたり痛くなってから親知らずを抜くのが一般的ですが、以下の理由で僕も早めの親知らず抜歯を強く推奨しています。

・痛くなったり腫れてからの親知らず抜歯では、手前の奥歯がすでに虫歯になっていることが多い。
・社会人になってからの親知らず抜歯は、会社を休む必要がある。(抜いてから3日くらいは働くのはしんどいでしょう。)
・若い方は、親知らずの歯根が未完成なので、短い時間で抜ける。
・若い方は、親知らず周囲の骨が柔らかいので、短い時間で抜ける。


親知らず抜歯を希望された大学生の患者様の初診時レントゲン写真です。
今日、右の上下の親知らずを一気に抜きました。


上下トータルで約30分のスムーズな抜歯でした。
左側の上下は夏休みに抜く予定です。

当院では、患者様の希望があれば3回の通院で上下左右の親知らずを抜いています。

1回目 初診
2回目 右か左の上下の親知らず抜歯
3回目 反対側の上下の親知らず抜歯

たまに一気に4本全ての親知らずを抜いてほしいと言われますが、それはお断りしています。
左右上下4本同時抜糸は、気道が閉塞してしまうこともあるので、命に関わりますからね。。。

 

タグ:

ページの先頭へ戻る