スタッフブログ

2020年 11月 02日

最高精度のCT撮影による診断

当院のCTは、MORITA社製のVeraview X800を使用しています。インプラント、親知らず、歯が痛くてなかなか原因がわからない時など色々な場面で活用しています。普段撮るパノラマは2次元の平面写真ですが、CTは3次元で歯を診断することができます。断層写真が撮れるX線断層撮影装置です。他にも矯正用のセファロも撮影可能です。デジタル撮影で被曝量が少ないのが特徴です。

モリタ Veraview X800 | 岐阜県総合医療センター

インプラントに関してはどの位置にインプラントを入れるかシュミレーションをおこなうことができます。

患者様と一緒に見ていただきながら先生が説明をいたします。

ピンクに見えるのがインプラント本体を入れる位置のシュミレーションです。実際に見ることによりイメージがつきやすいと思います。

骨の長さを図り、その中に収まるようピッタリサイズのインプラント本体を選んでいます。事前の準備をしっかりおこない、スムーズにオペができるよう心がけています。

タグ:

ページの先頭へ戻る