院長ブログ

2020年 03月 27日

新型コロナウイルスへの対策

東京や神奈川においても、新型コロナウイルスの感染例の報告が続いています。
当院では、新型コロナウイルスの院内感染を防ぐために、以下の取り組みを徹底しています。

①医療用自動洗浄機


歯を削るときに使用するタービンを含め、手洗いでは不可能な細かい部分の汚れを洗浄しています。

②高熱高圧滅菌機

治療に使用する全ての機械と器具は、高熱高圧で滅菌しています。

③医療用空気清浄機

家庭用の空気清浄機の10倍の空気清浄能力があります。当院には4台設置されています。

④次亜塩素酸

次亜塩素酸で空間を除菌・消臭しています。当院には4台設置されています。

⑤口腔外バキューム

目に見えない削りカスやお口の中の雑菌が飛び散らないように、口腔外バキュームで吸引しています。当院には7台設置されています。

⑥滅菌パック

治療スタート直前に滅菌パックから器具を取り出して使用しています。

⑦治療中の水

歯を削る際に使用する水は、診療台内部の濾過フィルターを通過することにより消毒されています。

⑧生理食塩水

インプラントや親知らず抜歯などの外科処置の際には、滅菌済みの生理食塩水を使用しています。

 

患者様に安心して通院して頂くために、診療環境を常に清潔に保つことを心がけています。


タグ:

ページの先頭へ戻る