インプラント症例

インプラント症例 前歯が長くなってしまった。

《年齢・性別》

40代・女性

《来院動機》

一番目立つ前歯の長さが不揃いになってしまった。

《初診時のレントゲン写真》

以前神経を取られた歯にトラブルが起きています。

《治療方針》

原因ははっきりしませんが、歯を支える歯槽骨が壊れてしまい歯根が露出していました。患者様には、放置しておくと両隣の歯にも悪影響を及ぼすことをお伝えして、インプラント治療による審美性の回復を目指しました。

《オペ前の口腔内写真》

左の前歯が隣の1.5倍の長さになってしまっています。

 

《治療後のレントゲン写真》

《治療後の口腔内写真》

完全な左右対称性を再現できました!

《患者様の声》

自分のイメージ通りの状態になって、とっても満足しています。

《Dr.より》

外側の歯茎が失われていたので、インプラントの埋入位置に繊細な注意が求められた症例です。天然歯よりも内側に長めのインプラントを埋入することで、1回のオペで歯茎も骨も再生することが出来ました。従来であれば、骨移植と歯肉移植のために3回のオペが必要とされたケースだと思います。


タグ:

  • インプラント症例
  • 審美歯科症例
  • 矯正歯科症例
  • ホワイト二ング症例
  • その他症例

インプラント症例

審美歯科症例

矯正歯科症例

ホワイト二ング症例

その他症例

ページの先頭へ戻る