院長ブログ

2019年 11月 28日

カメラによる歯型の型取り。

当院では、デジタル口腔内スキャナーによる歯型の型取りを積極的に行っています。
デジタル口腔内スキャナーを用いると、短時間で患者様の歯型をスキャンでき、即座にコンピューター画面にそのデーターが反映されます。
従来の粘土のようなものでの型取りをしなくて済みますから、嘔吐反射がある患者様にとても喜ばれています。

以下に当院での活用方法をご紹介します。

矯正用マウスピース(インビザライン)における型取り。


歯並びのデーターをカメラでスキャニングしてから、1ヶ月前後待つと


このような、矯正用マウスピースが届きます。

審美歯科治療(セラミック歯)における型取り。


歯を削ってからカメラでスキャニングして、即座にデーターを歯科技工士さんにe-mailで送ります。
1週間後には、美しいセラミック歯が届きます。

インプラント治療における型取り。

スキャンボディと呼ばれるパーツを入れた状態で、カメラによるスキャニングを行います。
2週間後には、色・形・適合に優れた上部構造が届きます。
実は、従来の手法のインプラントの型取りは、時間もかかり患者様に負担を強いるものでした。
デジタル口腔内スキャナーによる型取りは、辛くもなく短い時間で完了します。

 

 


タグ:

ページの先頭へ戻る