取り外しできる矯正《マウスピース矯正》

マウスピース矯正(インビザライン)とは?

マウスピース写真 インビザラインとは、透明に近く目立ちにくいマウスピース型の矯正装置です。
インビザラインは、世界的に見て、最も症例数が多く実績があるマウスピース矯正です。
2週間おきに、新しいマウスピースに交換していくことで、歯並びを少しずつ改善していきます。
金具と針金を使用することもなく、痛みも少なく、取り外しも自由にでき、従来の矯正治療の欠点を払拭する、新しいアプローチの矯正治療です。
世界中で既に520万人以上の患者様が、インビザラインによる矯正治療を受けています。
当院においても「痛くない」「目立たない」「取り外しできる」などの理由から、インビザラインによる矯正治療を希望される方が増えてきています。

マウスピース矯正

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット

透明で目立たない。
実際にインビザラインを使用中の患者様の口元をご覧下さい。
マウスピースを使用しているとは、まず気がつかれないと思います。
食事の時に取り外しができる。
従来のワイヤー矯正の欠点として、食べ物が矯正装置の隙間や段差に挟まってしまい、なかなか取れないということが、挙げられます。
食事中にはマウスピースを外して頂きますから、食事中のストレスは皆無です。
大事なイベントの時に取り外しができる。
結婚式などの大事なイベントの時には、外して頂けます。
当院においても、結婚式を控えた新婦の患者様からは、最も人気がある治療方法です。
虫歯や歯周病になりにくい。
マウスピースを取り外してから、歯磨きをして頂くので、歯のケアが普段と変わらず行えます。
ワイヤー矯正と違い、磨き残しが少なくできるので、虫歯や歯周病の予防ができます。
発音に影響が少ない。
フルリンガルと違い、歯の裏側の出っ張りがないので、マウスピース使用中でも、滑舌が悪くなることはありません。
接客業などのお仕事につかれていて、矯正治療中の発音が心配な方には、ハーフリンガルと並んでオススメできます。
治療費が安い。
フルリンガル(上下ともに裏側矯正)よりも、当院では15万円ほど治療費が安い。
痛みが少ない。
ワイヤー矯正(表側矯正・ハーフリンガル・フルリンガル)と比較すると、痛みが少ない。
また、ワイヤーやブラケットが粘膜とあたって、口内炎が生じることもありません。
装置の脱落がない。
ワイヤーやブラケットを使用しないため、治療期間中において装置が取れてしまうトラブルはありません。
通院回数が少ない。
ワイヤー矯正では、1ヶ月に1回の通院が推奨されています。
マウスピース矯正では、2ヶ月〜3ヶ月に1回程度の通院でも、十分に歯が動くことを実感して頂けます。
治療期間が比較的短い。
裏側矯正(フルリンガル)と比較すると、治療期間が短い場合が多いです。
金属アレルギーの危険性がない。
ワイヤーを使用しないので、100%金属アレルギーは発生しません。
金属アレルギーが生じてしまう確率は、矯正装置で使用する金属の量に比例します。
以下のように、フルリンガルが最も金属アレルギーを発症させてしまう可能性が高いです。インビザラインはポリウレタン製ですから、金属アレルギーのある方でも安心して、矯正治療を受けて頂けます。
フルリンガル > ハーフリンガル > 表側矯正 >>> マウスピース矯正
海外へ引っ越す場合でも、治療の引き継ぎが容易。
インビザラインを作製している会社は、アライン・テクノロジー社というアメリカに拠点を置き、世界100カ国以上に支社を持つグローバル企業です。
患者様固有のデータはアライン・テクノロジー社にも保管されていますので、どこの国に住んだとしても現地での矯正治療を続けることができます。
留学や転勤などで、1年後に日本が離れることが決まっている方でも、安心して矯正治療を受けて頂けます。
治療中の歯の移動をイメージしやすい。
クリンチェックと呼ばれる、3Dアニメーション動画をご覧頂けます。
治療スタートからゴールまでの歯の移動を、パソコンモニターでご確認頂けます。
計画された歯の移動を患者様に確認して頂くことで、矯正治療へのモチベーションが上がります。

マウスピース矯正(インビザライン)のデメリット

マウスピースの使用時間がかなり長い。
アライン社のガイドラインでは1日22時間の使用が義務付けられています。
しかし、1日のうち22時間もマウスピースを装着しているのは、なかなか難しいと思います。 当院では1日あたり20時間弱の使用をお願いしております。
マウスピースの紛失には気をつける必要がある。
再度アライン・テクノロジー社にマウスピースを作製して貰うので、余計なコストがかかってしまう場合があります。
適用されるケースに限界がある。
以下のようなケースにおいては、ワイヤー矯正を推奨致します。

マウスピース矯正(インビザライン)が適応外となるケース

上顎と下顎の位置がずれているケース。
顎の骨格が前後もしくは左右にずれている場合は、顎間ゴムが使用しやすいワイヤー矯正の方が向いています。
歯がひどく凸凹に生えているケース。
歯並びがかなり悪い場合には、やはりワイヤー矯正をご提案します。
しかし、インビザラインの適応症例は以前よりも広がっておりますので、まずはご相談下さい。
著しい出っ歯や受け口のケース。
外科的矯正(顎を切る手術)が必要なケースでは、ワイヤー矯正が適応となります。

インビザラインと他社製マウスピース矯正との違い

CAD/CAM技術を用いてマウスピースを設計・製作。
手作業で作製するマウスピースと異なり、コンピューターのシミレーションソフト上で歯の動きを全て予測した上で、マウスピースが作製されます。治療計画に無駄がなく、より精密な歯の移動が可能となります。
痛みが少ない。
一般的な他社製マウスピースでは、1つのマウスピースで1mm歯を移動させます。
より精緻に作製されているインビラインでは、1つのマウスピースで0,25mm歯を移動させることになります。1つあたりのマウスピースによる歯の移動量が少ないので、矯正治療中の痛みが軽減されます。
1回の型採りで全てのマウスピースが製作される。
何回も型採りをしないので、患者様の負担軽減に繋がります。
治療開始前に、治療計画のシミレーションが見れる。
事前に3Dアニメーション動画を見て頂くことで、治療中の不安を解消して頂けます。
また、十分に納得して頂いた上で、矯正治療をスタートして頂けます。
アライン・テクノロジー社とは?
アメリカに本社と研究所を置く、「マウスピース型矯正装置」のパイオニアかつリーディングカンパニーです。 インビザライン・システムを独自に開発するだけではなく、デジタル歯科をリードするグローバル企業として、光学スキャニング装置「iTeroエレメント」の製造販売も手がけています。

日本矯正歯科学会認定医が担当します。

日本矯正歯科学会 認定医資格証 芝田健二 ワイヤー矯正は技術的に習得が困難であり、少なくとも5年以上のトレーニングを積む必要があります。
ワイヤー矯正に対して、インビザラインを始めとするマウスピース矯正は、導入へのハードルが低いと言われています。
その理由は、特別な技術を身につけなくても、歯を動かせるのがマウスピース矯正だからです。
ワイヤー矯正は、職人芸的な匠の技が求められます。
マウスピース矯正は、ITとデジタルの知識が求められます。
そのような背景もあり現在では、たくさんの歯科医院でマウスピース矯正が提供されるようになりました。
しかし、経験豊富な矯正専門医がマウスピース矯正を担当するのとしないとでは、やはり最後の仕上がりが全く違います。
当院では、マウスピース矯正も全て矯正専門医が担当いたします。
当院の矯正専門医は表側矯正・ハーフリンガル・フルリンガル・マウスピース矯正すべてに精通しておりますので、メリットとデメリットをしっかりお伝えした上で、最善の矯正治療方法をご提案いたします。

マウスピース矯正の流れ

1無料相談

無料相談の様子

まずは無料相談で、現在の歯並びに対するお悩みを聞かせて下さい。
矯正専門医が、インビザラインで対応可能なケースかどうかを判断いたします。

2精密検査

精密検査の様子

インビザラインによる矯正治療が受けたいなと思って頂いた場合は、精密検査を受けて頂きます。
レントゲン撮影・口腔内写真撮影・顔貌のお写真の撮影・歯型の型取り・噛み合わせの型取りなどを行います。

3治療計画書の作成

矯正専門医が、精密検査の結果を踏まえて、治療計画書を作成します。
経験豊富な矯正専門医が正確な診断をすることで、患者様一人ひとりにカスタマイズされた理想的な治療計画が立案できます。

4アメリカへ患者様のデータを飛行機便で輸送

患者様の歯型・レントゲン写真・口腔内写真・治療計画書などを、アメリカのアライン・テクノロジー社へ送ります。

5クリンチェック(治療シミレーション)の確認

3Dアニメーション動画

アライン・テクノロジー社のプログラマーが治療計画書に基づいて、歯の動きと最終的な歯並びをシミレーションします。
そのシミレーションに対して、当院の矯正専門医が細かな修正を加えて、より効率の良い治療計画が完成します。
クリンチェックは3Dアニメーション動画として、患者様にご確認頂けます。
その上で、矯正治療を受けるかどうかを決めて頂きます。

6インビザライン作製

インビザライン

患者様からの承認を受けると、アライン・テクノロジー社の工場で、フルオーダーメイドのインビザラインが作製されます。
患者様が矯正治療に使用する全てのインビザライン(30個前後)が同時に作製され、1ヶ月後には当院に届きます。

7治療スタート

インビザラインをお口の中に装着して、矯正治療がスタートします。
インビザラインは2週間おきに、新しいものへと交換して頂きます。
1ヶ月~3ヶ月おきに、矯正専門医が診察をして、シミレーション通りに歯が動いているかどうかをチェックします。
シミレーション通りに歯が動いてない場合でも、矯正専門医がしっかりリカバリーするので、ご安心下さい。

マウスピース矯正の治療費

800,000円(税抜き)※別途、調整料が発生します。

24時間オンライン予約はこちら

ページの先頭へ戻る