院長ブログ

2019年 01月 22日

ショートインプラント+ソケットリフト

日本人はもともと欧米人と比較して、顎の骨が薄い方の割合が多いと言われています。

とくに上アゴの奥歯は、全く骨がないケースが多く、難しい症例がほとんどです。

当院の上顎奥歯において骨がない場合の対処法の第一選択肢は、ショートインプラントとソケットリフトの併用。最近は、この手法を駆使することがとても多いです。


こちらは、ショートインプラントのイラスト


こちらは、ソケットリフトのイラスト

この2つのテクニックを組み合わせることにより、腫れも痛みもなくインプラントですぐに噛めるようになります。


悪い歯を抜いたら顎の骨が3ミリくらいしか残っていない方のケースです。
ソケットリフトで骨を造ると同時に、ショートインプラントを入れていきます。


こちらはインプラント治療終了後のレントゲン写真。右上の奥から2番目と3番目がインプラントです。


インプラント治療終了後の口腔内写真。天然歯と変わらないクオリティです。

ショートインプラントにご興味がある方はこちらのページもご覧下さい。

 


タグ:

ページの先頭へ戻る